製品案内Main products

資料請求

■新機能:その2

入札情報公告、入札結果公表をウェブデータにて出力・・・

現在施行されている「公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律(以下適正化法)」は行政に対し"入札から契約に関するすべての情報の原則公表を義務化"した。その結果ほとんどの自治体が、その方法の差異はあっても公表を実施しています。

本「発注業務事務管理システム」は、役所内の発注事務業務の合理化とともに、公開・公表のためのデータ作りも自動的に行うことが出来る機能を搭載しています。管理事務を処理すれば、自動的に公表データが準備され、所定のウェブサイトに登録すれば公開作業が完了する仕組みです。

いつでも必要なときに"入札・契約に関する必要な情報を公開できる仕組み"が自動化され、各自治体さまにご好評をいただいております。ご用意させていただいている機能は、以下の通りです。

■ 公表情報

(1) 期間を指定した「発注見通し」の情報

(2) 入札情報の公告

(3) 入札結果の公表

(4) 業者情報の公開(各自治体さまのカスタムで作成)

(5) 契約状況等の公表(各自治体さまのカスタムで作成)

(6) その他、各自治体が公表したいデータ
  (各自治体さまのカスタムで作成)

<<戻る