<<Mr.平板トップ

製品案内Main products

資料請求

DXF・SXF入出力機能

DXF・SXFファイルの出力

 自動結線機能により合成画像上で瞬時に観測点順に連続結線することができます。
 勿論削除・訂正機能を設けておりますので自由に変更訂正が可能です。
 そして、Mr.平板で作図した図面をDXF・SXFファイルとして出力をします。

DXF・SXFファイルの出力

DXF・SXFのレイヤー管理

 ご使用のCADシステムに取り込まれた図面は、レイヤーごとに管理されています。このトレースラインを基に仕上げれば、図面が完成します。

レイヤーは、

  1. 点と点番
  2. 自動結線されたすべての線
  3. 自動結線から不要な線を
    削除した残りの結線
  4. 自分でなぞった結線
  5. 合成画像
    (現在、JW-CADのみ対応)

に、分けて出力されます。

DXF・SXFのレイヤー管理

DXF・SXFファイルの入力

 ご使用のCADシステムで作図された図面をDXF・SXFファイルを介してMr.平板に取り込み合成画像に重ね合わせることができます。
 これにより、図面のチェックができます。

DXF・SXFファイルの入力

[ BACK ]