着色方法

■ メインウインドウ ■
マークをクリックして詳細情報をご覧ください!
■ リンクレイヤー ■
リンクレイヤーをクリックすると幾つかのカテゴリーメニューが表示され、ここから素材を選択します。どの素材やサンプル画を引用したかが判る様にファイル名が表示され、上段の左側にその画像の拡大率、右側にレイヤーの透過率が%表示されます。ブラシを選んで図面をなぞれば瞬時に素材が浮かび上がります。調整は拡大・縮小・回転やカラー補正、上下左右の移動、透過など様々で素材の差し替えも勿論可能です。
■ 空や海は青色のイメージ画をブラッシングして表現
■ 表現が難しい“山”も素材を選んでササッとプロ顔負けの味付け
■ 街の全景はグレーのイメージ画を、高架橋も多くのモノトーン色から選んでブラッシング
■ 微妙な色味は拡縮・回転機能で対応
■ 着色レイヤー ■
ブラシと色指定で自由に着色できるレイヤーです。指定色自体を透過率指定でき、かつ各々のレイヤー自体にも透過率を設定できるためいくつもの色を自由に重ねて、無限の色味を表現することが可能です。
■ 最後は自分の思いの色で着色補強して仕上げ
■ 図面レイヤー ■
着色対象の図面、デッサン画はここに配置します。線画以外の部分はすべて透過なので、原則リンクレイヤー、着色レイヤーの上に配置します。

■ 一般的な着色例 ■
@ 図面やデッサン画を図面レイヤーに配置
A 素材を選んでリンクレイヤーに配置。ブラシで図面をなぞって素材を浮き出させる
B 拡大・縮小、回転・反転、色補正 様々なブラシで色味を表現
透過・不透過も自由自在、いくつもの素材を重ねることができる
C @ABを繰り返しながらイメージする素材をリンクレイヤーに配置していく
D 素材にない色味は、カラーパレットから自由に選択し、ブラシを使って着色レイヤーに補強する。透過も自在
E完成した作品は1.名前をつけて保存 2.画像の書き出し 3.サンプル画像として登録 の3方法の記録が可能


[ BACK ]