Q&A

■ Question ■
■ 特色
どんなことができるソフトですか?
このソフトの特徴は?
他社ソフトとの違いは?
■環境
システムの動作環境は?
Macで使用はできますか?
ネットワーク対応は可能ですか?
ソフトの容量は?
■画面(一般)
新規作成時の用紙サイズ選択はどういった意味があるのですか?又リンクレイヤーの左の%表示は何を意味しますか?
画面では図面や画像が荒い感じがするのですが?
図面の取り込み時のファイル形式は?
図面に修正が出た場合、図面の差し替えは可能ですか?
図面枠を消す方法は?
図面の線を濃くすることは出来ますか?
エッジ抽出したときに不要な線は消すことが出来ますか?
エッジ抽出後、元の写真全体を確認しながら着色作業を進めていきたいのですが?
自動抽出時の抽出度合いの調整は出来ますか?
選択範囲の外側を着色したり削除することは可能ですか?
範囲選択は1回だけしか出来ませんか?
正方形、正円を選択するにはどうすればよいか?
図面の修正を行う時は、どうすればよいですか?
スキャナーで図面を読み込む時の解像度はどうすればいいのですか?
着色以外に出来ることは?
ペンタブレットに対応していますか?
■画面(色)
どうやって着色するのですか?
塗る時のポイントは?
着色の強弱を付ける時はどうすればいいですか?
濃淡の設定はどういう時に使うのですか?
自動で着色範囲指定は出来ないのですか?
ブラシを使用せずに着色することは可能ですか?
範囲を指定し着色することは可能ですか?
失敗して着色してしまった場合作業を元に戻すことは可能ですか?
着色した不要な部分を範囲選択して削除することは可能ですか?
着色レイヤーに色が塗れないのですが?
ブラシの種類は何種類ありますか?
季節によって素材の色が問題になりませんか?
図面の線画の色を変更するにはどうすればいいですか?
着色の代行をしていただけるのですか?
パンフレットに写真をなぞって着色とありますがどういうことでしょうか?
■画面(レイヤー)
レイヤーとはどういう意味ですか?
図面レイヤーとリンクレイヤーの違いは?
レイヤーはいくつまで作成可能ですか?
着色レイヤーのデータサイズは?
レイヤーの複製は可能ですか?
リンクレイヤーの色味調整は素材を変更するとどうなりますか?
1レイヤーにつき何種類の素材を選択できますか?
レイヤーで図面の修正をおこなう時は、どうすればよいですか?
レイヤーの枚数によって保存や出力に時間の違いはありますか?
図面の線画の色を変更するにはどうすればいいですか?
■画面(素材)
素材とはどういったものですか?
素材の大きさ、明るさ等を調整することは可能ですか?
購入時に何種類の素材が入っていますか?
素材分類はどうしていますか?
新しい素材は追加されていくんですか?
あらかじめ素材集に入っている素材の解像度(dpi)は?
1レイヤーにつき何種類の素材を選択出来ますか?
取り込んだ素材が中心に来ないのですが?
素材のデータ容量はどのくらいですか?
素材選択時にリンクレイヤーに表示される左側の%は何ですか?
山、谷、尾根の実際と素材が合致しないのですが?
季節によって素材の色が問題になりませんか?
リンクレイヤーの色味調整は素材を変更するとどうなりますか?
■画面(ブラシ)
ブラシとはどういったものですか?
ブラシの大きさを調整することは出来ますか?
ブラシの種類は増やせるのですか?
ブラシを使用せずに着色することは可能ですか?
図面の色を一括変更するにはどうすればいいですか?
■印刷・保存
印刷する場合、対応用紙サイズはどうなっていますか?
画面では図面や画像が荒い感じがするのですが、印刷ではどうでしょうか?
完成作品を印刷した時にCAD図より線が荒いのですが?
サンプル画像の保存に係る時間は?
データの保存の種類について?
作業中保存せずに別の作業をしていたところ着色が出来ないようになったのですが?
■困った時
失敗して着色してしまった場合作業を元に戻すことは可能ですか?
着色レイヤーに色が塗れないのですが?
範囲選択中に次の操作が出来なくなった時、どうすればいいですか?
作業中保存せずに別の作業をしていたところ着色ができないようになったのですが?
操作中に作動しなくなった場合はどうすればいいですか?
アンドゥ中に画面表示が砂時計のまま動かなくなりました?
「メモリ参照に失敗、メモリがreadになることが出来ません」という表示が出ましたが?
取り込んだ素材が中心に来ないのですが?
作業途中でフリーズしてしまいました、どうしたらいいのですか?
■ご購入時
ソフトの価格は?
台数が多くなると安くなりますか?
販売代理店はありますか?
バージョンアップ時にはどう対応して貰えますか?
販売後のサポートはどうなっていますか?
実際の動きを見てみたいのですが?
■著作権
「粋彩PRO」のプログラムや素材等の画像の著作権は?
「粋彩PRO」で作成した画像やプリントアウトした印刷物の使用は?
「粋彩PRO」の中にある素材を友人に無償で渡すことができますか?


■ Answer ■


■ 特 色


どんなことができるソフトですか?
ひと言で言えば、手描きイメージの微妙な質感で水彩画風の着色を簡単におこなうことの出来るソフトです。建築パース図、ランドスケープ完成予想図や現況平面図、計画断面図などの着色は大概1時間もあれば着色出来ます。また写真を瞬時にエッジ化しデッサン画にして、いとも簡単に水彩画を作成することが可能です。
このソフトの特徴は?
機能ボタンは必要最少限で、操作が非常に簡単。短時間でアマチュアでもプロに近い水彩画風の作品を作ることが可能です。風景画等の写真をデッサン画にして、写真をなぞって簡単に着色出来ます。また、素材の差し替えが自由自在で、いつでも思いのままの作風を表現でき、更に自分好みの風合いの素材を作成して登録しておくことで、独自の画風の作品を作成できます。また完成作品は不必要な線画を除いて次の作品を生み出すことが可能です。
他社ソフトとの違いは?
既存ソフトは“塗るソフト”、『粋彩PRO』は"なぞって浮き出すソフト“です。様々なノウハウと技術を駆使してより動作を軽く、スピーディに着色できるように開発しました。レイヤーもほぼ無制限に配置でき、着色履歴のアンドゥ・リドゥは全く無制限です。他ソフトは機能ボタンも多く操作も複雑で、アマチュアではなかなか自分の思いの色味を表現することが難しく、操作習得に時間がかかりますが、『粋彩PRO』は操作が簡単で素人でも簡単に思いのままの風合いを表現出来るソフトです。
また『粋彩PRO』は始めからプロの描いた素材が豊富に揃っており、それを上手に選び採ることで、誰でも簡単に手描きのやわらかさを表現出来ます。


■ 環 境


システムの動作環境は?
主な動作環境は
O S :Windows7以上
CPU :CeleronM 1.6GHz以上(CeleronD 2.6GHz以上推奨)
必要メモリ :2GB以上(32bit版OSの場合)
 (4GB推奨:64bit版OSの場合および、A2版以上のサイズを扱う場合)
ハードディスク :10GB以上の空き容量(システムドライブ上)
周辺機器 :DVD-ROMドライブ
USBポート :空ポート1個です。
Macで使用はできますか?
現時点では使用できませんが、将来的にはMac対応も考えております。
今は「粋彩」で作成した作品を、Mac上で編集していただくことになります。
ネットワーク対応は可能ですか?
標準添付はスタンドアロンキーです。現在は対応しておりませんが、将来的にはネットワーク対応も考えております。
ソフトの容量は?
基本プログラムは100MB以下ですが、素材は1枚当り140KB程度から大きいもので10MB程度あります。なお稼動時にはハードディスクで5GB以上の空き容量が必要となります。


■ 画面(一般)


新規作成時の用紙サイズ選択はどういった意味があるのですか?又リンクレイヤーの左の%表示は何を意味しますか?
プリント出力したい図面のサイズです。取り込んだ素材が選択された用紙サイズに対しての割合を%表示することによって画質の精度を確認することが出来ます。参考に右側の%表示は透過率を表しています。
画面では図面や画像が荒い感じがするのですが?
着色に当たっては図面や画像をスピーディに反映させるために、随所に色々な工夫を凝らしております。その為画像を軽くして表示している箇所では実際より荒くなって見えますが、印刷時には全く心配ありません。画像拡大時に線画を鮮明にして見たい場合はワークメニューバー[図面]のチェックボックス(□)にチェック(レ)を付けると鮮明に見えます。
図面の取り込み時のファイル形式は?
JPG・BMP・TIF・PNGの画像ファイル、SXF(P21)・DXF形式の図面ファイルが取り込み可能です。スキャナーを媒体に取込みされるケースも多いようです。
図面に修正が出た場合、図面の差し替えは可能ですか?
勿論可能です。
図面枠を消す方法は?
ブラシを選択し、[消しゴム]ツールで消したい部分をなぞって下さい。
図面の線を濃くすることは出来ますか?
図面レイヤーのポップアップメニュー「図面の線の濃淡を変更」で線の濃淡を一括変更することが可能です。またパレットを自由に選択して、部分的に線の濃さや色を変更することもできます。
エッジ抽出したときに不要な線は消すことが出来ますか?
上記の「図面枠を消す方法は?」と同様の方法で出来ます。
エッジ抽出後、元の写真全体を確認しながら着色作業を進めていきたいのですが?
写真を複製し、レイヤーの一番上に配置しておくことにより着色作業途中でも、レイヤーの表示/非表示を切り替えることで、いつでも簡単に写真を確認することができます。
自動抽出時の抽出度合いの調整は出来ますか?
建物(矩形)と思われるものを区分1として抽出し、円形度を調整することで抽出範囲を変えることが出来ます。区分2は道路・水路(長狭物)を抽出します。区分3はそれ以外の広場や露地等を抽出します。区分4を選択し、図面上でクリックすると着色対象から外すことが出来ます。
選択範囲の外側を着色したり削除することは可能ですか?
「選択反転」を使用すれば可能です。
範囲選択は1回だけしか出来ませんか?
何回も選択出来ます。最初の範囲を選択後、Shiftキーを押しながら次の範囲を選択することで、選択範囲を追加していくことが出来ます。これは長方形、楕円形、多角形を混在させて追加していくことも可能です。また、削除する時はctrlキーを押しながら、範囲を選択することで選択範囲を削除することが出来ます。
正方形、正円を選択するにはどうすればよいか?
Shiftキーを押しながら長方形、楕円形を選択すると、正方形、正円が選択出来ます。
図面の修正を行う時は、どうすればよいですか?
ワークメニューバー[着色]のツールを使用して部分的な削除や色の変更を行ってください。線の追加は、ここでは出来ず着色レイヤーで行います。
スキャナーで図面を読み込む時の解像度はどうすればいいのですか?
出力したい用紙サイズの解像度に合わせるのが最良です。
着色以外に出来ることは?
写真からエッジ抽出してパース画や風景画の基となるデッサン画を作り出すことや作品・写真の全部または一部をお好みのモノトーン(単色)にすることも出来ます。もちろん文字・線の入力も出来ます。また複数の素材を透過や色調整により自由に加工して、全く新たな素材を作成することも出来ます。
ペンタブレットに対応していますか?
筆圧の部分以外は対応しております。



■ 画面(色)


どうやって着色するのですか?
素材集の中から気に入った素材を選び、着色したい部分をブラシでなぞって素材を浮き出させます。範囲指定をして着色することも勿論出来ます。このように幾つかの素材選択を繰り返して着色します。素材の差し替えも可能です。また素材にない色味はカラーパレットから自由に選択してお好みの質感を表現出来ます。透過も可能です。
水彩画風を求める場合は?
白色の部分を残したり、境界線ギリギリに塗らない方が雰囲気が出ます。例えば建物の場合、輪郭線からはみ出して着色した方が立体感が出ます。着色の一括移動をして影を表現することが出来ます。白がポイント(白とはみ出しがキーワード)となります。
着色に濃淡を付けることは出来ますか?
勿論、範囲選択により濃淡を調整することが出来ます。
濃淡の設定はどういう時に使うのですか?
一枚の作品の中で強調したい部分は濃く、それ以外の部分を薄くしたい時などに利用出来ます。(例えば完成予想部分を濃く、現況部分を薄くしたい時)
自動で着色範囲指定は出来ないのですか?
勿論出来ます。写真の場合には、同系色抽出マスク開け(機能)を用いることで、容易に範囲指定出来ます。また、図面の場合オプションにはなりますが、領域自動抽出機能により自動で範囲選択することが出来ます。
ブラシを使用せずに着色することは可能ですか?
範囲選択し、選択範囲を一括で着色することが可能です。
範囲を指定し着色することは可能ですか?
勿論可能です。着色するだけでなく範囲を指定して濃淡の調整も可能です。また図面の中の建物などを自動抽出しての一括着色も可能です。(福井大学との共同開発)
失敗して着色してしまった場合作業を元に戻すことは可能ですか?
無制限のアンドゥ・リドゥ機能が付いていますので、自由にどこまでも戻すことが可能です。
着色した不要な部分を範囲選択して削除することは可能ですか?
勿論可能です。範囲を選択し選択部分を一括で削除出来ます。「選択反転」を使えば逆に選択外を削除することも出来ます。
Q33 着色レイヤーに色が塗れないのですが?
着色レイヤーでの編集時には、カラー調整ウィンドウで色を指定し、[筆]ツールを選択して着色してください。それでも塗れない場合は、ワークメニューバー[選択]の一番下の[選択解除]ツールを押してみてください。
Q34 ブラシの種類は何種類ありますか?
100種類以上あります。自分で自由に追加登録することも可能です。
Q35 季節によって素材の色が問題になりませんか?
各種の素材を豊富に備えておりますし、「明るさ・コントラスト/色相・彩度・明度」によって色調整出来ますので、全く問題ありません。また素材の変更によっても季節感を出すことが出来ます。
Q36 図面の線画の色を変更するにはどうすればいいですか?
カラー調整ウィンドウで色を選択し、[筆]ツールでなぞります。
範囲選択内の色を一括で変更することも可能です。
Q37 着色の代行をしていただけるのですか?
一般的には、代行は致しておりません。このソフトを使って着色していただくことになります。
Q38 パンフレットに写真をなぞって着色とありますがどういうことでしょうか?
写真をエッジ抽出機能でデッサン化した線画を写真と重ね合わせます。その間に局部、局部に適した素材をリンクレイヤーに配置して写真をなぞっていけば、写真が消えて素材が浮かび上がります。素材は納得がいくまで差し替え、拡大・縮小、回転・反転、色補正をしながら様々なブラシを使ってやり直しが出来ます。どうしても素材にない色味は、カラーパレットから自由に選択して補強します。勿論各レイヤー毎に透過も可能です。また、同系色抽出マスク開け(機能)によって、自動着色することも可能です。



■ 画面(レイヤー)


Q39 レイヤーとはどういう意味ですか?
レイヤー(layer)とは「層」を意味する言葉で、「描画用のシート」をイメージして下さい。この仮想的なシートを何枚も重ねたり取り替えたりすることで、画像に素材を追加したり変化を加えたりすることが出来ることになります。
Q40 図面レイヤーとリンクレイヤーの違いは?
図面レイヤーは図面のデータファイルを選択し、リンクレイヤーは素材から選択をすることになります。図面レイヤーは拡大縮小等はできませんが、リンクレイヤーは拡大・縮小・回転・反転・移動や明るさ調整などが出来ます。
Q41 レイヤーはいくつまで作成可能ですか?
パソコンの容量にも因りますが、ほぼ無制限に作成可能です。
Q42 着色レイヤーのデータサイズは?
素材を選ぶリンクレイヤーに比べて問題にならない位データサイズは小さいです。複数の色をどんどん使用すれば、データサイズはそれにつれ大きくなります。
Q43 レイヤーの複製は可能ですか?
何枚でも可能です。
Q44 リンクレイヤーの色味調整は素材を変更するとどうなりますか?
すべて初期状態(0)に戻ります。
Q45 1レイヤーにつき何種類の素材を選択できますか?
1種類です。
Q46 レイヤーで図面の修正をおこなう時は、どうすればよいですか?
ワークメニューバー[着色]のツールを使用して部分的な削除や色の変更を行ってください。線の追加は、ここでは出来ず着色レイヤーで行います。
Q47 レイヤーの枚数(有効レイヤー)によって保存や出力に時間の違いはありますか?
当然枚数に応じて違いが生じ、有効レイヤー(赤丸がついているもの)の数が多いほど時間がかかります。
Q48 図面の線画の色を変更するにはどうすればいいですか?
カラー調整ウィンドウで色を選択し、[筆]ツールでなぞります。
範囲選択内の色を一括で変更することも可能です。



■ 画面(素材)


Q49 素材とはどういったものですか?
何人かのプロの水彩画家に様々な模様を描いてもらった基礎素材をスキャニングしたものです。
Q50 素材の大きさ、明るさ等を調整することは可能ですか?
可能です。レイヤーごとに調整することも、サンプル画像登録で一枚にまとめて調整することも出来ます。
Q51 購入時に何種類の素材が入っていますか?
現在、基本素材として約350種類用意しています。その他オプションとしてランドスケープ・抽象画・和紙の素材をそれぞれ約150種類ずつ準備しています。
Q52 素材分類はどうしていますか?
色調で分類しています。
Q53 新しい素材は追加されていくんですか?
今後いろんな画家の作風を集めていきます。また、作品が次の作品を生みますので、今後いろいろと完成作品を追加していきます。
Q54 あらかじめ素材集に入っている素材の解像度(dpi)は?
A3、 200dpiの解像度になるように登録しています。
A4、A5版の素材を登録する場合、A4⇒283dpi A5⇒400dpiで登録すればこれに近い素材になります。
Q55 1レイヤーにつき何種類の素材を選択出来ますか?
1種類です。
Q56 取り込んだ素材が中心に来ないのですが?
リンクレイヤーに取り込んで、画像の拡大縮小の操作で画像の位置を調整し、その状態でサンプル画像登録し、次に素材として取り込むことで位置を修正できます。拡大率は300%が上限ですので移動して中心に持ってきてください。
なお画像は%が上がるに連れてボケ、表示画面も印刷時の表示に近いものとなってボケます。
Q57 素材のデータ容量はどのくらいですか?
素材1枚あたり140KB程度から大きいもので10MB程度です。
Q58 素材選択時にリンクレイヤーに表示される左側のパーセンテージは何ですか?
取り込んだ素材が選択している用紙サイズに対しての拡大・縮小率で、画像としては100%がいちばん鮮明に表示されます。200%を越えますと段々とボケてきますので最大300%で止めています。
Q59 山、谷、尾根の実際と素材が合致しないのですが?
素材を複製したり、複数の素材を合わせることでより近い状態に出来ます。素材の境界はブラシで塗ったり消したりすることで全く分からなくなります。
Q60 季節によって素材の色が問題になりませんか?
各種の素材を豊富に備えておりますし、「明るさ・コントラスト/色相・彩度・明度」によって色調整出来ますので、全く問題ありません。また素材の変更によっても季節感を出すことが出来ます。
Q61 リンクレイヤーの色味調整は素材を変更するとどうなりますか?
すべて初期状態(0)に戻ります。



■ 画面(ブラシ)


Q62 ブラシとはどういったものですか?
パソコン画面での絵筆のようなものです。
Q63 ブラシの大きさを調整することは出来ますか?
大きさの調整は現在は出来ません。大きさの違うブラシから選択していただきます。今後、大きさと回転の調整が出来るブラシを開発予定です。
Q64 ブラシの種類は増やせるのですか?
リンクレイヤーに取り込んだ画像を「選択」ツールを使用してブラシにしたい範囲を指定した後、「選択領域をブラシに追加」を選択することで簡単にブラシを作ることが出来ます。
Q65 ブラシを使用せずに着色することは可能ですか?
範囲選択し、その領域の内外を一括着色することが可能です。
Q66 図面の色を一括変更するにはどうすればいいですか?
カラー調整ウィンドウで色を指定し、全面選択をしている状態で「選択範囲の線色変更」を行って下さい。



■ 印刷・保存


Q67 印刷する場合、対応用紙サイズはどうなっていますか?
パソコンの能力に左右されますが、A6〜B0サイズまで対応出来ます。
Q68 画面では図面や画像が荒い感じがするのですが、印刷ではどうでしょうか?
着色に当たっては図面や画像をスピーディに反映させるために、随所にいろんな工夫を凝らしております。その為画像を軽くして表示している箇所では実際より荒くなって見えますが、印刷時には全く心配ありません。画像拡大時に線画を鮮明にして見たい場合はワークメニューバー[図面]のチェックボックス(□)にチェック(レ)を付けると鮮明に見えます。
Q69 完成作品を印刷した時にCAD図より線が荒いのですが?
図面を外して着色した色味だけをJpeg画像で出力して元のCAD図に取り込み、CADの方から出力すれば鮮明に表示出来ます。
Q70 サンプル画像の保存に係る時間は(A3サイズ)?
一般的には10枚で25秒、25枚程の素材の場合、1分程度です。(メモリ1GB)
Q71 データの保存の種類について?
次の3種類があります。
・レイヤー管理をそのままで保存する方法(作業途中の場合)。
・レイヤーを1つにまとめて1枚の画像として保存する方法(「粋彩」以外でも応用出来る)。
・作品集画像として保存する方法(「粋彩」で再利用できる)。
Q72 作業中保存せずに別の作業をしていたところ着色が出来ないようになったのですが?
アプリケーションは終了せずに「名前を付けて保存」を試みてください。そのデータを読み込んでいただくことで着色可能となることがあります。



■ 困った時


Q73 失敗して着色してしまった場合作業を元に戻すことは可能ですか?
無制限のアンドゥ・リドゥ機能が付いていますので、自由にどこまでも戻すことが可能です。
Q74 着色レイヤーに色が塗れないのですが?
着色レイヤーでの編集時には、カラー調整ウィンドウで色を指定し、[筆]ツールを選択して着色してください。それでも塗れない場合は、ワークメニューバー[選択]の一番下の[選択解除]ツールを押してみてください。
Q75 範囲選択中に次の操作が出来なくなった時、どうすればいいですか?
ワークメニューバー[選択]の一番下の[選択解除]ツールを押してみてください。
Q76 作業中保存せずに別の作業をしていたところ着色ができないようになったのですが?
アプリケーションは終了せずに「名前を付けて保存」を試みてください。そのデータを読み込んでいただくことで着色可能となることがあります。
Q77 操作中に作動しなくなった場合はどうすればいいですか?
範囲選択をして破線が表示されていると次の動作が行えない場合がありますので、[選択解除]ツールをクリックを試みてください。
Q78 アンドゥ・リドゥ中に画面表示が砂時計のまま動かなくなりました?
処理は進んでいますのでそのままお待ちください。それでも動かない場合は、タスクバーに表示されているアイコンをクリックし一旦粋彩を最小化し再度クリックして元に戻してみてください。
Q79] 「メモリ参照に失敗、メモリがreadになることが出来ません」という表示が出ましたが?
使用しているパソコンのメモリが不足していることが考えられます。メモリの増設をご検討ください。
Q80 取り込んだ素材が中心に来ないのですが?
リンクレイヤーに取り込んで、画像の拡大縮小の操作で画像の位置を調整し、その状態でサンプルレイヤーとして登録し、次にそのサンプルレイヤーを素材として取り込むことで位置を修正できます。
Q81 作業途中でフリーズしてしまいました、どうしたらいいのですか?
本当にフリーズしていますか?
コンピュータの性能にもよりますが、大きい画像を処理している場合にはフリーズしているように見える場合があります。しばらく時間をおいて様子を見てください。
本当にフリーズしている場合は、マウス操作ができるか確認して下さい。
マウス操作ができる場合は、アプリケーションを終了させてください。
マウス操作ができない場合は、コンピュータを強制終了させて下さい。
上記2つの作業を行った場合データが失われる可能性があります。



■ ご購入時


Q82 ソフトの価格は?
基本システム:25万円(基本素材含む)
部門別素材集:各3万円
領域自動抽出機能:3万円
Q83 台数が多くなると安くなりますか?
2台目以降は基本システム(システム本体価格)のみ加算になります。素材は共有出来ます。複数本となればお安くなります。ご相談ください。
Q84 販売代理店はありますか?
各地域に代理店がございますのでご紹介させていただきます。
Q85 バージョンアップ時にはどう対応して貰えますか?
バージョンアップは有償となりますが、ご購入時から1年以内のバージョンアップには無償で対応させていただきます。
Q86 販売後のサポートはどうなっていますか?
平日は9:00〜18:00まで電話・FAX・メール対応を行っております。
土、日曜日、祝祭日、年末年始、お盆はFAX・メールでお受けして、翌営業日に対応させていただきます。
Q87 実際の動きを見てみたいのですが?
出来るだけしっかりご理解いただくために、遠隔操作による対話デモ方式を取り入れております。是非ご利用ください。これは勿論無料です。



■ 著作権


Q88 「粋彩PRO」のプログラムや素材等の画像の著作権は?
「粋彩PRO」のプログラムや素材等の画像の著作権は、すべて株式会社システムランに帰属します。
「粋彩PRO」をご購入いただいた方は、素材等について使用権がフリーとなりますので、使用許諾範囲(常識の範囲)の中でご自由にお使いください。
Q89 「粋彩PRO」で作成した画像やプリントアウトした印刷物の使用は?
「粋彩PRO」で作成した画像をホームページにご利用いただけます。粋彩(すいさい)で作成した画像やその印刷物が作成された方のオリジナルのものであれば、著作物として保護され、複製(コピー)権があります。(著作権法第12条、第21条)
著作権法第12条(編集著作物)
1.編集物(データベースに該当するものを除く。以下同じ。)でその素材の選択又は配列によつて創作性を有するものは、著作物として保護する。
2.前項の規定は、同項の編集物の部分を構成する著作物の著作者の権利に影響を及ぼさない。
著作権法第21条(複製権)
著作者は、その著作物を複製する権利を専有する。
Q89 「粋彩PRO」の中にある素材を友人に無償で渡すことができますか?
できません。「粋彩PRO」の中にある素材等の画像の著作権はすべて株式会社システムランに帰属しますので、無償であっても配布することは出来ません。
[ 資料請求 ] [ 粋彩PROトップ ]
詳細内容につきましては、弊社営業部までお問い合わせください。
TEL:0770-56-3777  FAX:0770-56-1222