よくある質問

維津美の広場IZUMI hiroba

労務費を直接人件費対象とする方法を教えて下さい。

直接人件費について2016/03/17

軽作業員は労務費なのですが直接人件費として、その他原価の対象にする設定はありますか?


発注業務の軽作業員が直接人件費として、その他原価の対象になった業務があるため、軽作業員を直接人件費として合計して計算したい。

Re:直接人件費について2016/03/18

株式会社□□コンサルタント
○○様


いつもお世話になっております。


お問合せ頂きました件ですが、現在「軽作業員」を直接人件費対象として切り替えていただく設定が御座いません。


現状の仕様で軽作業員の人件費分を直接人件費として計上していただく場合、他の工員に置き換えていただくことで計算が可能になりますので、こちらの方法を下記にご案内させていただきます。


  1. 直接人件費として計上したい軽作業員を含む歩掛で、代価集計画面を開きます。
  2. 画面下部の工員タブで一覧の左上の+ボタンをクリックし工員の一覧から規格に「警戒区域内」の記載のある工員を選択し、OKボタンをクリックします。
    ※「警戒区域内」の記載のある工員については基本的に現在使用されていない工員になります。
  3. 2.で選択した工員が追加されますので、人工の表で「標準延人日数」をクリックし、軽作業員と同じ員数を入力します。
    ※所要日数・編成に入力がある場合はこちらも入力をお願い致します。
  4. 工員一覧で「軽作業員」の行を選択し、一覧左上の×ボタンで削除を行います。
  5. 代価集計画面を閉じていただき、内訳画面右上の「単価更新」ボタンをクリックし、単価更新画面を開きます。
  6. 工員単価の枠内右側の「編集」ボタンをクリックし、各工員の単価一覧画面を開きます。
  7. 追加した工員の基準日額の項目で、作業員と同じ金額を入力し、画面を閉じます。
  8. 単価更新画面の下部の「一括更新」ボタンをクリックし、単価更新を行います。

上記操作により、軽作業員を別の技術員に置き換え、その分の人件費を直接人件費に計上していただくことができるかと思います。
ただ、追加していただいた工員の名称を「軽作業員」に変更していただくことができませんので、変更していただく場合は、一度Excel出力いただいて、Excel上で修正をお願い出来ますでしょうか。


以上、お手数をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。