よくある質問

維津美の広場IZUMI hiroba

お客様の声

積算システムの計算の考え方に関するご質問

■ お客様からの質問内容

旅費交通費(率計上)の計算対象の直接人件費の金額が合いません。

旅費交通費対象の直接人件費について2021/04/08

平素よりお世話になっております。

直接測量費の備考に内直接人件費の記載がありますが、旅費交通費の計算対象の直接人件費額と一致していません。

何故一致していないか、ご教示頂けますでしょうか。

お手数をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。

Re:旅費交通費対象の直接人件費について2021/04/08

□□□□株式会社
○○様

いつもお世話になっております。
システムラン ○○と申します。

お問合せ頂きました件につきまして、直接人件費の金額が一致していない原因として何れかの歩掛で割増賃金の設定がされている可能性がございます。

旅費交通費(率計上)の初期設定として、割増分を含まない標準の直接人件費を参照する形となっておりますので、上記ご確認をいただけますでしょうか。
※この設定は国交省の基準書の記載に則って設定をしております。

また、割増分を含む直接人件費に対して計算を行う場合は、内訳上の集計設定より経費別集計タブを選択し、一覧内の旅費交通費項目の右側の「割増対象外」のチェックを外していただくことでご対応いただけますので、よろしくお願い致します。

以上、よろしくお願い致します。

ページトップ

各人件費設定の違いについて教えてください。

単価表の計算について2021/02/10

いつもお世話になっております。

測量業務における単価表の計算についての質問です。

<河川定期横断測量 間接水準(山地)>
 測量幅:112mで補正した場合

「人件費設定」における
①作業別に人件費を集計する際、経費を作業別に計算する
②作業別に人件費を集計する際、作業毎に単価表を作成する
で比べると10円の差がでます

それぞれの単価表(計算過程)を教えていただけないでしょうか?

Re:単価表の計算について2021/02/10

□□□□株式会社
○○様

いつもお世話になっております。
システムラン ○○と申します。

お問合せ頂きました件につきまして、ご提示いただいた河川定期横断測量(間接水準(山地))を例として、それぞれの計算方法の違いをご説明させていただきます。

例)河川定期横断測量(間接水準(山地))の場合

 【前提条件】
  ・H30年度人件費単価
  ・測量幅:112m
  ・単位数量当り単価を有効数字4桁とする(5桁目以降切捨て)

 まず、ご提示いただいた①、②のどちらの場合に於いても人件費及び経費の算出までは同じ手順となり、作業別に算出されます。

 <観測>
  測量技師   34,800×1.0 = 34,800
  測量技師補  28,100×2.0 = 56,200
  測量助手   28,000×3.0 = 84,000
  測量補助員  22,700×1.4 = 31,780

  機械経費   206,780× 2.0% = 4,135
  材料費    206,780× 2.0% = 4,135
  精度管理費  210,915×10.0% = 21,091
  ---------------------------------------
  計              236,141
  変化率              1.12
  計              264,477

 <横断面図作成>
  測量技師   34,800×1.0 = 34,800
  測量技師補  28,100×1.0 = 28,100
  測量助手   28,000×2.0 = 56,000

  機械経費   118,900× 2.0% = 2,378
  材料費    118,900× 2.0% = 2,378
  精度管理費  121,278×10.0% = 12,127
  ---------------------------------------
  計              135,783
  変化率              1.12
  計              152,076

 <点検整理>
  測量技師   34,800×0.4 = 13,920
  測量技師補  28,100×0.7 = 19,670
  測量助手   28,000×0.2 = 5,600

  機械経費   39,190× 2.0% = 783
  材料費    39,190× 2.0% = 783
  精度管理費  39,973×10.0% = 3,997
  ---------------------------------------
  計              44,753
  変化率             1.12
  計              50,123

 ここから①、②の場合で歩掛の単価・金額を算出する手順が異なる形となります。

 【①経費を作業別に計算する場合】

  観測      264,477
  横断面図作成  152,076
  点検整理     50,123
  ------------------------
  計       466,676

  工程単価 466,676 / 10(本) = 46,667,6 ≒ 46,660(上位4桁)
  ※作業毎に算出した人件費及び経費を合計した上で工程単価を算出します。

 【②作業別に単価表を作成する場合】

  <作業計画>
   人件費経費計 264,477

   単位当り 264,477 / 10(本) = 26,447.7 ≒ 26,440(上位4桁)

  <選点>
   人件費経費計 152,076

   単位当り 152,076 / 10(本) = 15,207.6 ≒ 15,200(上位4桁)

  <観測>
   人件費経費計 50,123

   単位当り 50,123 / 10(本) = 5,012.3 ≒ 5,012(上位4桁)

  工程単価 26,440 + 15,200 + 5,012 = 46,652 ≒ 46,650(上位4桁)
  ※各作業毎の金額に対して単位当り金額まで算出し、その合計を工程単価とします。

以上、ご確認の程よろしくお願い致します。

ページトップ

測量の電子成果品作成費の計算式を教えてください。

電子成果品作成費について2020/12/18

お世話になっております。

電子成果品作成費(測量)の計算式をご教授いただけないでしょうか?

例えば、直接人件費1,000,000円の場合でご説明いただけると大変助かります。

宜しくお願いします。

Re:電子成果品作成費について2020/12/18

□□□□株式会社
○○様

いつもお世話になっております。
システムラン ○○と申します。

お問合せ頂きました件につきまして、国交省の青本基準をベースにご説明させていただきます。

基準書に記載されている測量の電子成果品作成費の算出式としては下記の通りとなります。
----------------------------------------------------------------------------------------
電子成果品作成費(千円)= 2.3x^0.44
ただし、x:直接人件費(千円)

注)1.上式の電子成果品作成費の算出にあたっては、直接人件費を千円単位
   (小数点以下切り捨て)で代入する。
  2.算出された電子成果品作成費(千円)は、千円未満を切り捨てる
   (小数点以下切り捨て)ものとする。
  3.電子成果品作成費の上下限については、上限:170千円、下限:10千円とする。
----------------------------------------------------------------------------------------

ここで、直接人件費が1,000,000円の場合、下記の通りとなります。

 電子成果品作成費(千円)= 2.3 × 1,000^0.44
             = 2.3 × 20.89296…
             = 48.05381…
             ≒ 48(小数以下切り捨て)

以上より電子成果品作成費の金額は48,000円となります。

ご確認の程よろしくお願い致します。

ページトップ

地質調査・解析の制限価格設定について教えてください。

制限価格設定について2020/12/15

お世話になります。

地質調査・解析の制限価格について確認させてください。

通常、地質調査と地質解析の上限値と下限値は、両方合算した金額から上限値、下限値を算出する計算方法となっています。
しかし、維津美ではそれぞれ別々での算出方法になっていると認識してよいでしょうか。

Re:制限価格設定について2020/12/15

□□□□株式会社
○○様

いつもお世話になっております。
システムラン ○○と申します。

お問合せ頂きました件につきまして、ご回答させていただきます。

地質調査・解析の制限価格算出についてはご提示いただきました通り、合算金額に対して上限・下限を適用する形となりますが、維津美上ではそれぞれ業務が分かれている都合上、システム上で算出いただく場合それぞれ別々での算出となっております。

合算での算出を行っていただく場合は手動で算出いただく必要がございますので、ご了承の程よろしくお願い致します。

以上、よろしくお願い致します。

ページトップ

地質調査の旅費交通費(率計上)の計算対象に間接調査費も含まれてしまいます。

地質調査の旅費交通費(率計上)について2020/09/07

お世話になります。

地質調査の旅費交通費(率計上)の計算対象に『間接調査費』項目にも対象のチェックが入り自動計算され、手動でチェックを外して対応しています。

『直接調査費(検定費等除く)』を対象に自動計算されるようになりませんでしょうか。

Re:地質調査の旅費交通費(率計上)について2020/09/07

□□□□株式会社
○○様

いつもお世話になっております。
システムラン ○○と申します。

お問合せ頂きました件につきまして、お手数をお掛けし申し訳ございません。

ご指摘頂きました地質調査の旅費交通費(率計上)ついては元々経費側の設定にて「直接調査費」分のみ対象とするようにさせていただいておりますので、経費追加時の対象の一覧にて間接調査費項目にチェックを付けていただいてもその分については計算対象に加味されない仕様となっております。
(直接調査費項目についてはチェックの有無で計算対象とするかどうかの設定が可能となっております。)

画面上の表現が分かり辛く大変申し訳ございませんが、ご了承の程よろしくお願い致します。

ページトップ

工程単価と工程基準金額の違いを教えてください。

工程単価と工程基準金額について2020/07/22

基本的な質問です。

測量業務での設定で、「工程単価」と「工程基準金額」について違いがよく分かりません。

実例を挙げてご教授ください。

Re:工程単価と工程基準金額について2020/07/22

□□□□株式会社
○○様

いつもお世話になっております。
システムラン ○○と申します。

お問合せ頂きました件につきまして、ご回答させていただきます。

「工程単価」と「工程基準金額」については、それぞれ下記の意味合いになります。

 ・工程基準金額 … 歩掛の標準作業量当りの人件費及び機械経費等経費を合算
          した金額になります。

 ・工程単価   … 工程基準金額を基準数量で割った単位当り数量での金額
          になります。

例)4級基準点測量(伐採なし、永久標識なし) 35点当り の場合(令和2年度基準)

  人件費   :839,000円
  機械経費  : 25,170円(3.0%)
  通信運搬費 : 25,170円(3.0%)
  材料費   : 20,975円(2.5%)
  精度管理費 : 77,775円(9.0%)

  合計    :988,090円
  ⇒ この金額が工程基準金額になります。

  単位当り  :988,090 / 35(点) = 28,231円
  ⇒ この金額が工程単価になります。

  計上数量当り:28,231×数量
  ⇒ この金額が工程金額になります。

以上、お手数をお掛け致しますが、ご確認の程よろしくお願い致します。

ページトップ

国交省青本の積算方法について教えてください。

青本積算2020/06/24

いつもお世話になっております。

基本的なことで恐縮ですが、お聞きいたします。
  1. 青本では「調査計画業務」で共通「打合せ等」の歩掛がありますが、維津美上には見当たりません。
    設計業務の打合せを使用する形でよろしいでしょうか。
  2. その場合、「規格:その他」の区分の打合せでよろしいでしょうか?
  3. 現在地整は旅費交通費を率としております。
    特記に旅費交通費は「調査計画業務」と書かれていた場合は「電子成果品作成費」に関しては「その他」を使用して間違いないのでしょうか?
    質問で確認するなどの必要はないのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Re:青本積算2020/06/24

□□□□株式会社
○○様

いつもお世話になっております。
システムラン ○○と申します。

お問合せ頂きました件につきまして、ご回答させていただきます。

調査計画業務での打合せですが、構成が設計業務の打合せと同じで且つ電子成果品作成費の扱いも設計業務と同様のため、共通で使用していただくという意味合いで別途作成はしておりません。

また、打合せについては電子成果品作成費の区分の違いにより「概略・予備・詳細」と「その他」の2種類を作成させていただいておりますが、調査計画業務については基本的に「その他」の方をお使いいただければ問題ないかと思っております。

ただ③のご質問にも関わってきますが、実際の案件でどちらの区分を使用するかは発注者の考え方に依るところが大きいかと思いますので、可能であれば都度ご確認いただいた方がよろしいかと思います。

以上、よろしくお願い致します。

ページトップ

道路詳細設計(A)の算出方法について教えてください。

道路詳細設計(A)について2020/06/05

道路詳細設計(A)について質問いたします。

「改訂 設計業務等標準積算基準書の解説」のP.296~積算例に出ている合計2,897,555と維津美での積算合計が合いません。

どのような設定をすれば合うのか、ご教示願います。

Re:道路詳細設計(A)について2020/06/05

□□□□株式会社
○○様

いつもお世話になっております。
システムラン ○○と申します。

お問合せ頂きました件につきまして、ご回答させていただきます。

まず使用していただく歩掛は規格に「単独区間あたりの設計延長が~」の文言が設定されている「道路詳細設計(A)」を選択いただけますでしょうか。

こちらの歩掛で一通り補正を設定していただいた後、代価集計画面の補正タブにて「道路詳細設計(A)の工程変化率」の設定画面を開き、右上の計算タイプのリストから「B(各人工に補正を掛ける)」に変更をお願い致します。

続いて内訳上の「共通設定」ボタンより「人件費等の集計を工員別に行う」のチェックを外し、「作業別に人件費を集計する際、作業毎に単価表を作成する」にチェックをお願い致します。

上記の処理にてご提示の金額と合わせていただけるかと思いますので、ご対応の程よろしくお願い致します。

以上、よろしくお願い致します。

ページトップ

旅費交通費の率計算の対象額について教えてください。

建設コンサルタントの積算について2020/04/16

建設コンサルタント(測量、設計、地質等)についてです。

補正項目を人件費等、補正箇所を単価に対して補正をかけた場合、旅費交通費の率計算は補正前の直接人件費が対象になるのは仕様でしょうか。

例えば、主任技師(55,300)に1.5倍の補正をかけて(82,950)にします。

旅費交通費(設計)0.63% で計算すると、82,950*0.63%=522 になって欲しいところが55,300*0.63%=348 で計算されてしまいます。

Re:建設コンサルタントの積算について2020/04/16

□□□□株式会社
○○様

いつもお世話になっております。
システムラン ○○と申します。

お問合せ頂きました件につきまして、工員の単価に補正を掛けた場合に割増分が旅費交通費の計算対象とならない動きについては維津美の仕様に依るものとなります。

割増分も計算対象に含めていただく場合は、内訳画面上の「集計設定」ボタンから画面を開き、「経費別集計」タブの経費一覧より旅費交通費項目の右側の割増対象外のチェックを外していただくことで対応いただけますので、ご確認の程よろしくお願い致します。

以上、よろしくお願い致します。

ページトップ

休日割増の式について教えてください。

休日割増の計算式について2019/11/01

いつも大変お世話様になっております。

法定休日の式について質問いたします。
下記の式について、ご説明お願いいたします。

特に(((基準日額 / 所定時間) - (基準日額 * 割増対象賃金費 / 所定時間)) で、なぜ引き算するかご回答お願いいたします。

①法定休日
= Rounddown(((基準日額 / 所定時間) - (基準日額 * 割増対象賃金費 / 所定時間)) * 所定時間 + (基準日額 * 割増対象賃金比 / 所定時間) * 労働時間 * 休日割増率,0)
= Rounddown(((53,800 / 8) - (53,800 * 0.5 / 8)) * 8 + (53,800 * 0.5 / 8) * 10 * 1.35,0)
= 72,293

Re:休日割増の計算式について2019/11/01

□□□□株式会社
○○様

いつもお世話になっております。
システムラン ○○と申します。

お問合せ頂きました件につきまして、ご提示の算出例は技術員のものかと思いますが、前提として技術員に対する休日割増については基本的に定義されておらず、弊社での独自の考え方によるものとなりますのでご了承の程よろしくお願い致します。

技術員の場合、労務員と比べて割増対象賃金比が低く設定されている為、労務員と同じように算出を行うと休日にも関わらず基準日額よりも低い金額となってしまいます。

この為、弊社の考え方では技術員の基準日額に対して、割増対象外の金額と割増対象の金額を賃金比に応じて分けさせていただいており、算出式として

 割増対象外の金額+割増対象の金額×1.35(休日割増係数)

の計算を行うことで、より実態に近いであろう金額で算出する仕様とさせていただいております。

ご指摘の引き算については、上記式での割増対象外の金額を算出する為(基準日額から割増対象分を差し引くことで算出)となりますので、ご確認の程よろしくお願い致します。

以上、よろしくお願いいたします。

ページトップ

旅費交通費(率計上)は安全費の対象になるのでしょうか。

旅費交通費(率計上)について2019/10/25

お世話になります。

旅費交通費についてお伺いします。

ライトバン運転費は安全費の対象になりますが、率計上の旅費交通費は安全費の対象になりません。

率計上の旅費交通費は安全費の対象か非対象のどちらが正でしょうか?

Re:旅費交通費(率計上)について2019/10/25

□□□□株式会社
○○様

いつもお世話になっております。
システムラン ○○と申します。

ご指摘のライトバン運転費と率計上の旅費交通費の安全費対象設定の件につきまして、ご迷惑をお掛けし申し訳ございません。

こちらは最新の「歩掛V7F~」のマスタ上では修正させていただいておりまして、率計上の旅費交通費についてもライトバン運転費と同様の設定となるように修正させていただいておりますので、一度ご確認の程よろしくお願い致します。

また、旅費交通費の安全費対象については、発注元により対象/非対象が分かれてくるかと思いますので、一概にどちらかで断定させていただくことはできませんが、安全費の意味合いからすると基本的には旅費交通費は安全費の対象にはならないかと考えております。

以上、よろしくお願いいたします。

ページトップ

旅費交通費(率計上)の計算対象の直接人件費の端数処理について教えてください。

旅費交通費(率計上)について2019/10/15

お世話になります。

業務によっては、単価が有効数字4桁等に端数処理される自治体が多いですが、率計上の旅費交通費の計算対象としては端数処理前か後のどちらの直接人件費が対象となりますでしょうか?

端数前の金額が対象であれば、システム内での対応をお願いします。

Re:旅費交通費(率計上)について2019/10/15

□□□□株式会社
○○様

いつもお世話になっております。
システムラン ○○と申します。

お問合せ頂きました件につきまして、現状の維津美の仕様では単価を有効数字4桁に設定していただいた場合、電子成果品作成費及びその他原価の対象となる直接人件費についても有効数字4桁となり、端数処理前の金額を対象としていただくことが出来ません。

大変申し訳ございませんが、こちらについては今後課題として対応させていただきたいと思いますので、ご了承の程よろしくお願い致します。

現状で対応いただく場合は、電子成果品作成費及びその他原価の設定画面内にて計算対象調整額を設定いただける箇所がございますので、こちらで金額の調整をお願い出来ますでしょうか。

以上、お手数をお掛け致しますが、よろしくお願いいたします。

ページトップ

交通誘導警備員を計上した場合の「その他原価」「一般管理費等」の考え方について教えて下さい。

交通誘導警備員について2019/08/16

お世話になります。

設計業務 項目配置にて「交通誘導警備員」を選択した場合、代価集計画面の経費タブを確認するとその他経費と一般管理費等が設定されています。

例えば空行挿入にて「交通誘導警備員」等の項目を作成した場合、その他経費と一般管理費等にも反映させることはできるのでしょうか?

Re:交通誘導警備員について2019/08/16

□□□□株式会社
○○様

いつもお世話になっております。
システムラン ○○と申します。

お問合せ頂きました件につきまして、ご回答させていただきます。

まず、その他原価の算出について、基準書上にも記載のあります通り直接人件費を計算対象として算出する形となっておりますが、今回ご提示いただいた「交通誘導警備員」については「労務費」の扱いとなる為、直接人件費には含まれず、その他原価の対象にもならない仕様となっております。

ここで、維津美でご用意させていただいている「交通誘導警備員」の項目についてはいくつかございまして、項目によっては代価集計画面の「経費」タブをご確認いただくと「その他原価」「一般管理費等」の両方が表示されている項目もありますが、その場合でも構成されている人件費が労務費の場合は「その他原価」の対象とはなりませんのでご注意いただれければと思います。
表現が紛らわしく申し訳ございません。

ただ、「交通誘導警備員」を含む直接経費については「一般管理費等」の対象には含まれる形となりますので、上記と併せて今一度ご確認いただけますでしょうか。

以上、よろしくお願いいたします。

ページトップ

道路詳細設計(B)L=1km未満の補正について教えて下さい。

道路詳細設計について2019/07/31

お世話になります。

単独区間の設計延長が1km未満の場合の道路詳細設計に於いて、

1.単独区間あたりの設計延長が1㎞未満の場合(単独区間毎に算定)
2.(工程変化率)単独区間あたりの設計延長が1㎞未満の場合(単独区間毎に算定)

の2種類から選択出来ますが、計算手順の違いによる数値丸めの関係から金額に差異を生じます。
一般にどちらが正しいとお考えでしょうか。

また、御社HP「維津美の広場」に、「延長補正とその他の補正係数は別で考える(端数処理も各々で行う(小数第二位))」とあります。

上記2.を選択、L=0.69km、その他補正1.15のケースにおいて、延長補正0.85×その他補正1.15=0.98 と考えますが0.97が算出されます。
あるいは、延長補正0.845×その他補正1.15=0.97 でよろしいでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Re:道路詳細設計について2019/07/31

□□□□株式会社
○○様

いつもお世話になっております。
システムラン ○○と申します。

お問合せ頂きました件につきまして、どちらの道路詳細設計の歩掛を使用されるかは発注元によって異なってくるかと思いますが、弊社の方で経済調査会に補正の計算方法を問合せたところ、1.の「単独区間あたり~」の方の計算で算出を行うとの回答を得ておりますので、国交省基準としては1.の方になるかと思われます。

また、2.の方の計算方法としては、ご提示の例の場合

 延長補正0.845 × その他補正1.15 = 0.97175 ≒ 0.97
 ※それぞれでの端数処理は行わない

となりますので、ご参照の程よろしくお願いいたします。

以上、よろしくお願いいたします。

ページトップ

各計算に用いられる直接人件費の計算と内訳の直接人件費の誤差について。

直接人件費の誤差について2019/07/16

お世話になります。

個の積算において直接人件費を対象とした旅費交通費、成果品作成費において内訳に表示される直接人件費と各計算に用いられる対象直接人件費が異なるようです。

集計上の間違い、設定の間違い誤差理由がはっきりできません。
お手数ですが、確認頂けると幸いです。宜しくお願い致します。

Re:直接人件費の誤差について2019/07/16

□□□□株式会社
○○様

いつもお世話になっております。
システムラン ○○と申します。

お問合せ頂きました件につきまして、参照する直接人件費の金額差については時間外割増分(深夜)を含むか含まないかの差となります。

直接原価の備考欄に表示されている人件費は時間外割増分を含む金額となっておりますが、旅費交通費及び電子成果品作成等経費については初期設定として時間外割増分を含まない人件費を参照する仕様となっております。
各経費についても割増分を加味する場合は、内訳上の集計設定ボタンから「経費別集計」タブを選択し、各経費に対して「割増対象外」のチェックを外していただくことで割増分を含む人件費を参照する形に切り替えていただけますので、ご確認の程よろしくお願い致します。

以上、お手数をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。

ページトップ

夜間技術者単価の割増計算について教えて下さい。

夜間技術者単価の割増について2019/04/22

いつもお世話になっています。

夜間技術者単価の割増について教えてください。

【例】作業時間16:00~4:00まで。20:00~21:00休憩の場合。

(国土交通省【土木工事標準積算基準書】に基づく補正)の場合の維津美上での計算方法について 教えてください。

技師B、技師C、技術員等です。
平成31年度単価・歩掛です。

Re:夜間技術者単価の割増について2019/04/22

□□□□株式会社
○○様

いつもお世話になっております。
システムラン ○○と申します。

お問合せ頂きました件につきまして、ご提示いただいた例での算出方法について、下記に記載させていただきます。

例)技師Bの場合

  [諸条件] 基準日額:39,100円
       割増対象賃金比:50%
       作業時間:11時間(内 時間外:3時間、深夜:6時間)※休憩1時間を加味

  ①平日時間外
  =基準日額+(基準日額×割増対象賃金比×1/8)×時間外労働時間×割増率
  =39,100+(39,100×0.5×1/8)×3×1.25
  =39,100+9,164
  =48,264

  ②平日深夜割増
  =(基準日額×割増対象賃金比×1/8)×深夜時間×深夜割増率
  =(39,100×0.5×1/8)×6×0.25
  =3,665

  ①+②
  =48,264+3,665
  =51,929

  技師Bの割増単価:51,929円となります。

※技師C、技術員等についても計算方法は同じになります。

以上、ご参照の程よろしくお願い致します。

ページトップ

単位当たりの歩掛について教えて下さい。

単位当たりの歩掛について2019/01/16

いつもお世話になっております。

測量業務の有効4桁(単位当たり)の歩掛について質問があります。

内訳で有効4桁表示する項目は、5桁目以下の金額があれば切捨てすることになりますが、この切捨てになる金額分の割り振りはどの費目で調整されていますか?(人件費、機械経費、材料費、精度管理費など)

割振りがない場合、印刷製本費や安全費などはどのように計算されているのでしょうか?

Re:単位当たりの歩掛について2019/01/16

□□□□株式会社
○○様

いつもお世話になっております。
システムラン ○○と申します。

お問い合わせいただきました件につきまして、内訳の単価において5桁目以降で切り捨てる金額分につきましては特にどの費目にも割り振ってはおりません。
印刷製本費や安全費などにつきましては対象となる項目(人件費、機械経費、材料費など)においては各々で単位数量当たりの単価を求め、有効4桁の端数処理を行った数値で計算を行っています。

以上、よろしくお願い致します。

ページトップ

「農林水産省」補正後の人工の端数処理について。

農林水産省の端数処理について2018/12/13

農林水産省≫農道≫道路≫実施 道路計画設計

■距離補正0.55(L=100m)、
■全体補正(前段補正1.0、地形補正1.2、車線数0.9、難易度補正1.0)の場合、

現地調査(標準歩掛の人工):技師長0.5  主任技師1.4  技師A1.1  技師B1.0

現地調査(補正後の人工) :技師長0.30 主任技師0.83 技師A0.65 技師B0.59

となるところ、維津美で計算すると

現地調査(維津美の人工):技師長0.30 主任技師0.83 技師A0.66 技師B0.59

と計算され、技師Aの人工が異なってしまいます。

維津美では、距離補正後に一度人工を端数処理し、全体補正後に再度人工を端数処理しているため、このような人工の違いがでてしまうのだと思われますが、普通このような端数処理をするものなのでしょうか? また、現地調査以外でもこのような人工の違いがでています。

もし、維津美の設定を変えることで解消される場合は、設定方法を教えていただけないでしょうか。

Re:農林水産省の端数処理について2018/12/13

□□□□株式会社
○○様

いつもお世話になっております。
システムラン ○○と申します。

お問合せ頂きました補正後の端数処理につきまして、今回のようなパターンではご指摘頂いております通り、システム上の仕様として距離補正後及び全体補正後それぞれで指定の端数処理を行う形となっております。

現在、こちらの設定についてはユーザー様の方で変更していただくことが不可となっておりますので、補正後の最終値でのみ端数処理を行われる場合、各作業毎に補正を纏めていただく必要がございます。

他の自治体の歩掛となりますが、「歩掛V7E13」より鹿児島県用として上記構成の歩掛を作成しておりますので、一度こちらの歩掛を使用いただき、ご確認をお願い出来ますでしょうか。

項目配置画面の左側ツリー上の表示のリストより「鹿児島県」を選択いただくと、「農林水産省」>「農道」>「道路(鹿児島県)」の項目が表示されてきますので、こちらの中の「実施 道路計画設計」をご参照ください。

以上、お手数をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。

ページトップ

地籍調査の積算方法について教えてください。

γ係数の計算について2018/08/02

お世話になっております。

地籍調査のE工程の積算方法についてお尋ねします。

ある契約先の入札設計書を見ると地籍調査E工程の見積算出方法で本体の係数と杭代の係数を分けて計算しています。
例えば本体のγ係数と杭代のγ係数を異なる値を使って計算しています。
維津美で同じように計算することは可能でしょうか?

よろしくお願いします。

Re:γ係数の計算について2018/08/02

□□□□株式会社
○○様

いつもお世話になっております。
システムラン ○○と申します。

お問合せ頂きました地籍調査のE工程の計上方法ですが、ご指摘の計算を維津美上で行っていただく場合は、歩掛を2つに分けていただく方法がございます。

まず対象のE工程の歩掛を2つ項目配置し、それぞれ
  1. 部材の杭を全て削除し、人件費(+経費)だけの歩掛
  2. 作業(人工)を全て削除し、部材(+経費)だけの歩掛
を作成することで、各々別の補正係数にて算出いただけるかと思いますので、ご参照の程よろしくお願い致します。

以上、よろしくお願い致します。

ページトップ

技術管理費の金額が0になるのですが。

技術管理費の計上方法について2018/08/01

お世話になっております。

測量業務の積算で「技術管理費」項目が0円になりますが、金額を計上する方法を教えてください。

よろしくお願いします。

Re:技術管理費の計上方法について2018/08/01

□□□□株式会社
○○様

いつもお世話になっております。
システムラン ○○と申します。

お問合せ頂きました技術管理費についてですが、こちらは通常「成果検定費」を計上していただいた際にその金額を集計する集計行となります。
今回特に「成果検定費」の計上は無く、またこのため各歩掛項目内にも金額は計上されておりませんので、必要が無ければ内訳上の×ボタンにて削除していただけますでしょうか。

以上、よろしくお願い致します。

ページトップ

自治体の案件で設計書の予定価格が合いません。

自治体の積算基準について2018/07/26

お世話になります。

自治体の案件の積算をしておりますが、予定価格が合いません。
歩掛マスタは「歩掛V7E8」を使用しています。

よろしくお願いします。

Re:自治体の積算基準について2018/07/26

□□□□株式会社
○○様

いつもお世話になっております。
システムラン ○○と申します。

今回の案件は○○県発注のものになるかと思いますが、○○県では現時点でまだ国交省の平成29年度基準での積算になるかと思います。
平成29年度版の最新マスタとして「歩掛V7D22」を公開しておりますので、こちらの歩掛マスタを使用し、積算をお願い出来ますでしょうか。

また、一度作成した積算データを平成29年度基準にしていただく場合は、上記「歩掛V7D22」マスタを読み込んだ後、該当の積算データを開いていただき、画面右上の「単価更新」ボタンから「歩掛更新」タブを選択し、
 ・員数・工員・作業・市場単価の構成
 ・経費の構成
の2つにチェックを付けていただき、一括更新をお願い出来ますでしょうか。
更新後、安全費項目が内訳に計上されますが、こちらは削除をお願い致します。

上記操作にて予定価格と一致してくるかと思いますので、ご確認の程よろしくお願い致します。

ページトップ

労務の夜間割増の設定方法について教えて下さい。

夜間割増について2018/07/19

お世話になります。

技術者および労務者の夜間割増の設定方法についてお伺いします。

通常、仕様書・設計書で「交代要員無」「夜間割増」という条件の場合、
・就業8h+夜間(深夜)7hの割増分の単価を補正
になると認識しています。

維津美で人件費の時間バーを操作してそのような結果になっているのか確認できますでしょうか?

よろしくお願いします。

Re:夜間割増について2018/07/19

□□□□株式会社
○○様

いつもお世話になっております。
システムラン ○○と申します。

夜間割増についてですがご指摘の通り
・就業8h+夜間(深夜)7hの割増分の単価を補正
の計算方法でよろしいかと思います。

維津美上ですと時間バーを操作していただく画面内に「工員別単価」タブがありますので、こちらを選択していただくと各工員毎に「詳細」ボタンがございます。
こちらの「詳細」ボタンをクリックしていただくと時間バー設定後の単価の算出根拠となっている算出式が表示されます。

お手数をおかけ致しますがこちらからご確認していただけますでしょうか。

以上、よろしくお願い致します。

ページトップ

三次元点群測量の機械経費の計上について教えて下さい。

三次元点群測量について2018/07/19

いつもお世話になります。

三次元点群測量ですが、機械経費等が作業項目毎に何度も計上されているのではないでしょうか?
または、何かの設定が必要でしょうか?

宜しくお願いします。

Re:三次元点群測量について2018/07/19

□□□□株式会社
○○様

いつもお世話になっております。
システムラン ○○と申します。

ご指摘いただいた三次元点群測量ですが設定によっては作業毎に複数計上されてしまう場合がございます。

三次元点群測量をご使用の場合、下記の設定をお願い致します。

今回の場合、共通設定にて「作業別に人件費を集計する際、作業毎に単価表を作成する」の設定にしていただいているかと思いますが、こちらの設定ですと各作業毎の計上となってしまいますので、「UAV写真測量」・「地上レーザー測量」の項目については上記のチェックを外し、単純に人件費のみ作業別集計としていただけますでしょうか。
※「UAV写真測量」・「地上レーザ測量」の代価集計画面を開いていただき、画面右下の人件費設定タブより「この代価表では~」のチェックを付けていただくことで、この代価のみ上記設定をしていただけます。

上記の設定にて人件費については作業別で、経費については一括計上にしていただけるかと思いますので、お手数をお掛け致しますが、ご対応をお願いできませんでしょうか。

以上、ご確認よろしくお願い致します。

ページトップ

道路詳細設計の延べ人工が合いません。

道路詳細設計の補正方法について2018/07/16

いつもお世話になります。

「国土交通省」の「道路詳細設計」で「単独区間あたりの設計延長が1㎞未満の場合(単独区間毎に算定)」を選択した際、例えば「工程変化率 1.5(市街地、2車線、暫定計画有、歩道有) 補正0.575(L=0.15km)」の場合で、員数の桁処理方法「小数第3位四捨五入」と設定した場合、標準歩掛が0.5人の箇所は0.5×0.575=0.288×1.5=0.432と計算しているようですが、工程変化率を先に掛ける場合、0.5×1.5=0.75×0.575で人工は0.431となります。
具体的にはどのように設定してやれば後者のような計算設定になるでしょうか?

よろしくお願いします。

Re:道路詳細設計の補正方法について2018/07/16

□□□□株式会社
○○様

いつもお世話になっております。
システムラン ○○と申します。

お問い合わせいただいた件につきまして設定方法をご案内致します。

まず、道路詳細設計のブックマークをクリックし代価集計の画面を開きます。
画面下から「補正」タブを選択すると1行目が設計延長による補正、2行目が工程変化率となっているかと思います。
該当行の順番をドラック&ドロップで入れ替えると計算する順番も変更されます。
※すぐに計算結果が反映されない場合は一度補正の設定画面を開き閉じていただくと反映されます。

以上、ご確認よろしくお願い致します。

ページトップ

地質調査の諸経費対象額が0になるのですが。

諸経費率算出式変更時の挙動について2018/07/07

お世話になっております。

「地質調査業務」の積算を行う際、「諸経費」の項目の「諸経費率算出式」を変更すると、諸経費対象額が0になってしまい元に戻せなくなる現象が発生します。
上記の現象が仕様によるものなのか、また原因が分かるようでしたらご教示いただけますでしょうか。

以上、よろしくお願いいたします。

Re:諸経費率算出式変更時の挙動について2018/07/07

□□□□株式会社
○○様

いつもお世話になっております。
システムラン ○○と申します。

お問合せ頂きました件につきまして、ご迷惑をお掛けし大変申し訳ございません。

今回のデータを作成された際の歩掛マスタは「歩掛V7E5」になるかと思いますが、地質調査の諸経費については「歩掛V7E6」のマスタより「計算対象調整額」を設定できるように算出式を編集させていただいており、こちらが原因でご指摘の現象が発生する形となっておりました。
大変申し訳ございません。

対応方法と致しましては、一旦内訳上の諸経費を削除していただき、再度付け直していただくことで改善されるかと思います。

以上、よろしくお願い致します。

ページトップ

国土地理院の旅費算定の仕方について教えて下さい。

国土地理院の旅費交通費について2018/07/02

お世話になります。

国土地理院の旅費交通費の日当、宿泊料、日額旅費の計算は出来ないのでしょうか?

Re:国土地理院の旅費交通費について2018/07/02

□□□□株式会社
○○様

いつもお世話になっております。
システムラン ○○と申します。

お問合せ頂きました国土地理院の旅費算定ですが、各単価については国交省基準と同じになりますので、平成30年度での算定を行う場合は新規積算開始時の単価選択画面で旅費単価を「H30 国土交通省」を選択いただけますでしょうか。

こちらにより内訳上の旅費交通費設定(自動計算)若しくは一時旅費交通費行にて算定していただけるかと思いますので、ご確認の程よろしくお願い致します。

以上、よろしくお願い致します。

ページトップ

公共下水に於ける削除した作業の歩掛割合による補正の扱い方について教えて下さい。

公共下水の補正について2018/06/27

お世話になります。

早速ですが「削除した作業の歩掛割合による補正」について、削除した作業項目の標準歩掛に占める割合を直接入力するようになっています。

 ① 入力値は各自が別途エクセル等で計算した数値を入力するのでしょうか?
 ② 維津美システム上で削除人工:標準人工がわかるシートはありますか?
 ③ 将来、自動入力化(直接入力も可)できますか?

以上 よろしくお願いいたします。

Re:公共下水の補正について2018/06/27

□□□□株式会社
○○様

いつもお世話になっております。
システムラン ○○と申します。

お問合せ頂きました補正の件につきまして、下記にご回答させていただきます。

まず①についてはご指摘の通り、割合をユーザー様側で手動で計算していただき、最終の数値を入力していただくような設定とさせていただいております。

ただ②のような削除人工:標準人工がわかるようなものを出力していただける機能がございませんので、基準書等をご確認いただき対応いただければと思っております。
大変申し訳ございません。

③について、現時点では実際の案件での具体的な算出方法、報告書作成・設計協議が含まれる場合、耐震設計の場合等不明な部分も多い為、手動での設定とさせていただいておりますが、今後明らかになり次第、より効率的な設定構成を検討していきたいと思いますので、ご迷惑をお掛け致しますが、今暫くお待ちいただけますでしょうか。

以上、よろしくお願い致します。

ページトップ

積算画面上の金額と帳票上の金額が一致しないのですが。

金額計算のタイムラグについて2018/06/20

お世話になります。

一般管理費の計算において帳票打出ししたものが正しい数値になっていませんでした。
維津美データは保存したあと、これに気づき再度開いたら正しい数値となっていました。
即時計算しているものと考えていたので、これでは支障があります。

タイムラグ的な事象があるのでしょうか?
維津美作成上、何か設定をおかしくしてしまったのでしょうか?
対策、注意点をご教授ください。

以上、よろしくお願いします。

Re:金額計算のタイムラグについて2018/06/20

□□□□株式会社
○○様

いつもお世話になっております。
システムラン ○○と申します。

こちらで検証致しましたところ「値引き調整額」がどこにも内含されていない業務におきまして一時旅費交通費行の金額が変更になった場合に即時計算が行われていない項目がございました。

こちらの現象につきましてはシステムの修正をさせていただきます。
現在の対応策と致しましては値引き調整額を諸経費または一般管理費に内含して頂くことで回避していただけます。

以上、ご迷惑をおかけ致しますが、よろしくお願い致します。

ページトップ

地質解析等調査業務に於ける最低制限価格の考え方について教えて下さい。

地質解析の最低制限価格について2018/06/12

お世話になります。

地質調査業務の最低制限価格での解析等調査業務費の考え方が、初期設定と異なっていると思います。修正手法を教えてください。

国土交通省では「地質解析等調査業務費(業務原価+一般管理費)×0.8」となっておりますが、現状の維津美の設定では「直接原価×0.8+業務原価×1.0」となっております。

Re:地質解析の最低制限価格について2018/06/12

□□□□株式会社
○○様

いつもお世話になっております。
システムラン ○○と申します。

弊社での初期設定の算式としてもご指摘の通り、「地質解析等調査業務費(業務原価+一般管理費)×0.8」とさせていただいております。

算式としては下記の通りとなりますので、恐れ入りますが現状の設定に対して手動で修正をお願い出来ますでしょうか。

<維津美上での設定(地質解析)>
 [計算元]
  K1:地質解析等調査業務価格
  K2:予定価格

 [算出式]
  =Min(Max(RoundDown(([K1]*0.8)*1.08,0),RoundDown([K2]*(2/3),0)),RoundDown([K2]*0.85,0))

以上、よろしくお願い致します。

ページトップ

電子成果品作成費の計算対象項目について教えて下さい。

電子成果品等作成費について2018/06/06

いつもお世話になり有難うございます。

電子成果品等作成費の算出での、直接人件費に『打合せ』の人件費は含まれるのでしょうか?
最近、積算と入札結果の予定価格と相違しており、電子成果品作成費の算出方法ではないかと思っております。

自治体の積算基準等参考になる資料がございましたら、教えていただけると助かります。

宜しくお願い致します。

Re:電子成果品等作成費について2018/06/06

□□□□株式会社
○○様

いつもお世話になっております。
システムラン ○○と申します。

お問合せ頂きました自治体での電子成果品作成費の算出につきまして、こちらでも積算基準を確認しておりますが、測量業務については単純に対象が「直接人件費」となっているだけですので、基準通りとすると「打合せ」も対象には入ってくるかと思っております。

ただ、他県の案件の場合で電子成果品作成費の対象から「打合せ」分を外さないと合わないケースもあったかと思いますが、今後明確な情報が入り次第、またご連絡させていただきたいと思います。

以上、よろしくお願い致します。

ページトップ

一般管理費の金額が合わないのですが。

設計の一般管理費について2018/04/19

いつもお世話になります。

国交省港湾関係の測量調査の歩掛りで、その他原価の計算と一般管理費の計算は、α、βともに0.35%を適用していますが計算結果が合いません。
どちらも53.85%を乗じて算定していますが一般管理費のみ合いません。
エクセルデータを送りますので、ご確認よろしくお願いします。

よろしくお願いします。

Re:設計の一般管理費について2018/04/19

□□□□株式会社
○○様

いつもお世話になっております。
システムラン ○○と申します。

お問合せ頂きました件につきまして、こちらで確認させていただいたところ、「値引き調整額」について一般管理費に内含する設定となっておりました。
この設定の場合、本来の一般管理費の金額に調整額が加味されますので、若干のズレが発生する形となります。

以上、ご確認の程よろしくお願い致します。

ページトップ

自治体案件での現地測量の算出方法について教えて下さい。

現地測量の算出について2018/02/21

いつもお世話になります。

自治体の現地測量積算についてお尋ねします。

今回の現地測量積算は、
(1)各職種について、外業と内業を合計し、これに面積補正を掛け員数を小数点第3位四捨五入2位止め。
(2)これによる合計金額に地域補正を掛け金額を算出。
となっています。
例えば、面積が0.01k㎡の場合、測量技師補の面積補正後計は2.80人となります。

しかし、維津美の場合、各工程に面積補正を掛け、それを合計するので測量技師補は2.81人となり積算金額に差が出てしまいます。
この算出方法に合わせる為にはどのようにすればよろしいでしょうか。

ご教授よろしくお願いします。

Re:現地測量の算出について2018/02/21

□□□□株式会社
○○様

いつもお世話になっております。
システムラン ○○と申します。

お問合せ頂きました現地測量の件につきまして、他県用の歩掛となりますが、現地測量のツリーの一番下に
「現地測量(1/500(山口県)作業量補正員数適用)」
の項目がございますので、こちらをご使用いただけますでしょうか。

項目配置後、補正を設定いただき、代価集計画面右下の端数設定にて、「員数」項目の個別ボタンをクリックしていただき、一覧の一番上「延人日数」項目の未満桁処理を「小数第二位」に変更していただくことでExcel上の金額と一致してくるかと思いますので、ご確認の程よろしくお願い致します。

以上、お手数をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。

ページトップ

工程金額に若干の差異があるため員数に補正を掛けるようにしたいのですが。

計算タイプの変更について2018/02/14

いつもお世話になります。

維津美で積算した項目の工程金額が想定より若干高く出てしまうので、少し抑え気味になるように計算タイプを変更したいのですが。

よろしくお願いします。

Re:計算タイプの変更について2018/02/14

□□□□株式会社
○○様

いつもお世話になっております。
システムラン ○○と申します。

お問合せ頂きました件につきまして、ご指定の金額にしていただく場合は下記の設定を行っていただく必要がございますので、ご参照の程よろしくお願い致します。
  1. 代価集計画面の補正タブから補正の設定画面を開いていただき、画面右上の計算タイプを「B」(各員数に補正を掛ける)に変更します。
  2. 代価集計画面右下の端数設定にて、「員数」の個別設定から
    「延人日数」を未満処理桁:小数第二位、処理方法:切捨て
    に設定します。
    また、「工程単価」の未満処理桁を「一の位」に変更します。
上記設定にてご希望の金額になるかと思いますので、お手数ですが、ご確認の程よろしくお願い致します。

以上、よろしくお願い致します。

ページトップ

国交省基準の電子計算機使用料について教えて下さい。

電子計算機使用料について2018/02/06

いつもお世話になっています。

電子計算機使用料の考え方について、電子計算機使用料は「護岸詳細設計」の場合
 case-1 補正係数が係った 全体の人件費に2%を計上する。
 case-2 設計計画、現地踏査ごとの人件費に2%をかける。
どちらの方法が国土交通省の考え方なのか教えてください。

※維津美で行うとcase-1になるようです。

以上、よろしくお願いします。

Re:電子計算機使用料について2018/02/06

□□□□株式会社
○○様

いつもお世話になっております。
システムラン ○○と申します。

お問合せ頂きました件につきまして、ご回答させていただきます。

基本的にはご提示いただいたcase-2のパターンですが、補足として補正係数が係った各作業別の人件費に対しての2%で計上する必要があるかと思いますのでご注意いただければと思います。

※また、電子計算機使用料については内訳計上ではなく、各代価での計上となるかと思います。
 (こちらは設計書に合わせていただければ良いかと思います。)

維津美での標準設定と国交省との考え方にズレがあり大変申し訳ございませんが、維津美上での設定は基本的に下記のようになるかと思いますので、ご参照の程よろしくお願い致します。

 ・補正係数はBタイプで設定(各員数に補正を掛ける)
 ・人件費設定は「作業別に人件費を集計する際、経費を作業別に計算」で設定
 ・電子計算機使用料を代価計上で設定

以上、よろしくお願い致します。

ページトップ

港湾地質調査の積算が合わないのですが。

港湾地質調査の積算2017/11/16

いつもお世話になっています。

港湾の地質調査の積算で、補正条件を入力すると条件が悪くなるにつれて単価が下がっていきます。
(基準数量が変更されない)

私のパソコンで、新たに項目を追加して積算をしてみると反映されます。
また、共通補正で補正箇所を「D」にすると反映されました。
なにか設定が違っているのでしょうか?

機能設定の計算処理設定では、「作業別に人件費を集計する際、作業毎に単価表を作成する」になっているようです。
設定等あれば教えて下さい。よろしくお願いします。

Re:港湾地質調査の積算2017/11/16

□□□□株式会社
○○様

いつもお世話になっております。
システムラン ○○と申します。

お問合せ頂きました件につきまして、送付頂いた積算データを確認させていただいたところ、ボーリング等の補正について「Aタイプ(工程金額に補正)」の設定となっておりました。

恐らくですが、ご担当者様の方で誤って変更されている可能性がございますので、○○様の方でもご対応いただいております通り、共通補正で補正箇所を「D」に再設定をお願い出来ますでしょうか。
こちらの設定については、特に手動で変更していただかない限り設定が変わることはないかと思いますので、この点につきましてはご注意いただきますようよろしくお願い致します。

以上、お手数をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。

ページトップ

技術者単価計算について教えてください。

技術者単価の時間外割増計算について2017/11/14

維津美V7の技術者単価計算について教えてください。

労働時間を7時間とした時に主任技師が基準日額51,200円のところ47,200円となる計算根拠について、お教えください。

Re:技術者単価の時間外割増計算について2017/11/14

株式会社□□□□
○○様


いつもお世話になっております。
システムラン ○○と申します。


お問合せ頂きました技術者単価の算出方法の件につきましてご回答させていただきます。


労働時間が基準(8時間)を下回る場合の単価の算出方法については特に基準書上等に具体的な算出根拠の記載はございませんが、弊社側では通常の時間外割増の算出式を用いて同様に算出を行っております。

<時間外割増算出>
基準日額 + (基準日額 × 割増対象賃金比 / 所定時間) × (労働時間 - 所定時間) × 時間外割増率

上記の式で主任技師(基準日額:51,200円、賃金比:0.5)及び7時間労働で計算を行い、

 51,200 + (51,200 × 0.5 / 8) × (7 - 8) × 1.25
=51,200 - 4,000
=47,200

となっております。


以上、ご確認の程よろしくお願い致します。

ページトップ

時間外賃金の設定方法について教えて下さい。

時間外賃金の設定方法について2017/06/01

お世話になります。


時間外賃金の算定におきまして、「割増すべき時間数」が計算式を見ると「12-8=4時間」になっております。
積算基準においては、休憩時間1時間を除きますので、「割増すべき時間数」は「12-9=3時間」ではないでしょうか。


ご確認のほど、よろしくお願いいたします。

Re:時間外賃金の設定方法について2017/06/01

株式会社□□□□
○○様


いつもお世話になっております。

お問合せ頂きました件につきまして、大変申し訳ございませんが、維津美上の時間外賃金の設定については休憩時間分を加味しておりませんので、例えば12時間労働で1時間休憩の場合は「11時間」の設定で対応をお願い出来ますでしょうか。


お手数をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。

ページトップ

日進量と旅費交通費の日数の考え方について教えて下さい。

地質調査の旅費交通費日数及び小運搬供用日数について2017/01/27

地質調査業務においては、『日当り作業量』があり、ライトバンなどの計上日数に反映されると思います。


・編成人員が影響しますか?
・仮設費(足場)や準備費なども影響しますか?
・現場内小運搬(モノレール供用日数損料)などの日数計算など、よく解りません。


積算基準での解説資料など教えて頂けますでしょうか?

Re:地質調査の旅費交通費日数及び小運搬供用日数について2017/01/27

□□□□株式会社
○○様


いつもお世話になっております。
システムラン ○○と申します。


お問合せ頂きました件につきまして、地質調査のライトバン計上日数の算出ですが、基本的に各項目に対して定義されている編成人員での日当り作業量を元に設計数量から外業日数を算出し、合算いただいた日数を計上していただく形で良いかと思います。

(編成人員が異なり、日当り作業量が変動する場合はその点も影響してくるかと思います。)


また、足場仮設については日数を計上する必要があるかと思いますが、準備費などは対象外となるようです。


かなり昔の資料になりますが、平成16年度版の「設計業務等設計書作成マニュアル」に実際の設計書を元にした積算例が掲載されておりますので、ご確認いただけますでしょうか。


以上、よろしくお願い致します。

ページトップ

旅費交通費のCi値について教えて下さい。

旅費交通費の計算方法について2016/08/31

お世話になっております。
担当の○○と申します。


今回、2級基準点測量伐採あり上面舗装を積算しておりますが、このデータ内の外業日数と青本の例で挙がっている数値が合致しません。
本件の測量技師の外業日数は 15.5日+1日=16.5日
技師補は、22.5日+6日=28.5日
補助員は、12.5日+12日=24.5日
ですが、
Ci値は 技師=16.5 技師補=16.5+4.0=20.5 助手=2.0+3.5+6.0=11.5です。


外業日数の合計がCi値ということではないのでしょうか。


申し訳ないのですが旅費交通費の算出方法についてご教授ください。

Re:旅費交通費の計算方法について2016/08/31

(株)□□□□
○○様


システムランの○○と申します。
いつもお世話になっております。


外業日数の値がCi値の合計と異なる件ですが、ここで記載の外業日数というのは外業延人日数を表しているかと思いますので、Ciではなく Ci×編成人員 の合計の値となります。
今回の例ですと下記の計算式により、記載いただいた外業日数と一致した値が得られます。


測量技師 16.5×1.0 = 16.5
測量技師補 16.5×1.0 + 4.0×3.0 = 28.5
測量補助員 2.0×1.0 + 3.5×3.0 + 6.0×2.0 = 24.5


以上、よろしくお願いいたします。

ページトップ

旅費交通費の移動日数の算出方法を教えて下さい。

移動日数について2016/07/29

お世話になります。


滞在のケースで、移動日数を距離と速度で換算して求めたいのですが移動距離を入れ、[距離から取得]ボタンを押しても片道の移動日0.25が固定のままで変更されません。
ほかに、どこか設定する箇所あるでしょうか。
対応方法をご教授ください。


よろしくお願いします。

Re:移動日数について2016/07/29

(株)□□□□
○○様


お世話になっております。


移動距離から移動日を自動計算する機能ですが、
~1時間 0.00
1~3時間 0.25
3~6時間 0.50
6時間~ 1.00
として数値が入力される仕組みになっております。


細かく設定したい場合には、パーティ設定のところに『移動日を移動手段及び距離から自動計算する』という設定がございますのでそれを外していただきまして、お手数ですが、手動で計算された時間を入力いただくことでご対応いただけますでしょうか。


以上、ご理解いただけますようよろしくお願いいたします。

ページトップ

旅費交通費画面でのライトバン運転費の設定方法を教えて下さい。

旅費交通費設定について2016/05/11

お世話になります。


旅費交通費設定でライトバン2台、2往復と修正したいのですが、その方法を教えていただきたい。
通勤費(パーティ)=交通費(ライトバン)×通勤日数
8960=2240×2台×2としたいのですが
よろしくお願いいたします。

Re:旅費交通費設定について2016/05/12

(株)□□□□
○○様


お世話になっております。


ライトバンの台数ですが、現在は1台で固定となっております。そのため、
通勤費(パーティ)=交通費(ライトバン)×通勤日数
8960=2240×2台×2
という計算ができない仕様になっております。


上記計算結果を得る方法としますと、高速料金に2,240円を入力していただいて
通勤費(パーティ)=交通費(ライトバン)×通勤日数
8960=4480×2
として金額を合わせる以外に現状は方法がございません。


ライトバンの台数を設定する機能につきましては今後追加を検討させていただきたいと考えております。
申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。

ページトップ

国交省基準の旅費交通費算出方法を教えて下さい。

旅費交通費の算出2016/04/26

国土交通省の旅費交通費の算出について
・公表されている旅費交通費・宿泊費についての費用の違いが多い
 同じシステムを利用していても、金額の差が出てしまう(原因が?)
 初期状態に戻す方法と、設定の方法、注意点を教えて下さい

Re:旅費交通費の算出2016/04/26

□□□□株式会社
○○様


いつもお世話になっております。


旅費交通費の設定を初期状態に戻す方法ですが、申し訳ございませんが現在のところそのような機能はございません。


旅費交通費の設定の方法につきましては、機能設定の中の内訳設定にて旅費交通費設定を業務ごとに行うことができるようになっております。
積算時に旅費設定画面上部の設定ボタンより個別に設定変更を行うことも可能でして、保存データにはその設定が残るようになっております。


注意点につきましては、設定項目を確認の上でそれぞれ必要な設定をしていただくということにはなるのですが、『集計する外業所要日数に各種補正係数を適用する』という設定がございまして、補正がある場合にこの設定の有無が金額の大きく変わる原因になることが多いです。
他、金額が異なる等で旅費金額に疑問が生じた場合には、旅費交通費設定画面の上部にトレースというボタンがありまして、旅費の算出方法を表示するようになっておりますのでそこでご確認ください。


以上、よろしくお願いいたします。

ページトップ

旅費交通費のトレース機能について教えて下さい。

トレース機能の計算に関して2015/10/26

添付しました見積もり内容に基づき、トレース機能の計算及びC1に関して教えてください。下記の考え方でよろしかったでしょうか。


①ボーリング+モノレール
  C1:地質調査員 4.032+14.28=18.312≠19


②現地踏査
  C1:地質調査技師 10


旅費の計算は、C1の大きい値を調査項目毎に抽出していると思っていたため、
①+②=29になると思いましたが、トレーサー機能では25となっていました。②を削除すると、トレーサー機能では19と表示されました。


よろしくお願いします。
添付資料略

Re:トレース機能の計算に関して2015/10/26

□□□□(株)
○○様


いつもお世話になっております。


旅費交通費の計算ですが、職種ごとにCiを比較しましてその中の最大値を使用して計算しております。
今回のケースでは、
地質調査技士  14.28+10=24.28 
主任地質調査員 14.28
地質調査員   4.032+14.28=18.312
となりますので、地質調査技士の24.28を採用しております。
現地踏査が削除された場合は、地質調査員の18.312が採用されます。


システムは現在のところ上記のように計算しておりますが、ご指摘いただいたとおり調査項目ごとの最大値の合計という考え方で計算を行う必要があると考えます。
出来る限り早急に、作業ごとのCiの最大値を合計するようシステムの修正をさせていただきますので、今回は手動設定に切り替えてCiの値を変更していただくことで調整をお願いできますでしょうか。


ご迷惑をお掛けしまして大変申し訳ございませんが、何卒よろしくお願いいたします。

ページトップ

宿泊日当の計上方法について教えて下さい。

旅費(宿泊日当)の歩掛2015/10/25

旅費のうち、日帰りの歩掛はありますが、宿泊日当の歩掛はどこにあるのでしょうか。

Re:旅費(宿泊日当)の歩掛2015/10/26

>

□□□□(株)
○○様


いつもお世話になっております。


宿泊の歩掛についてですが、現在のところはございません。
宿泊についての計算をシステムで行う場合には、旅費交通費の項目を表示していただき、そこで設定していただくようお願いしております。
以下に、旅費交通費の手順について記載いたします。


【旅費交通費の項目を表示する方法】

  1. 『集計設定』のボタンをクリックします。(項目配置のボタンと同じ並びにございます。)
  2. 『業務集計』のタブのツリーの中にあります『旅費交通費』にチェックを入れます。
  3. 内訳に旅費交通費の項目が表示されます。

新規に積算する際に旅費交通費の行をデフォルトで表示させることも可能になっております。
その場合、メニューのツール→機能設定→内訳設定→旅費交通費タブで、一番上にございます『旅費交通費を内訳に計上する』にチェックをお入れください。
(設定は業務ごとに行っていただく必要がございます。)


【旅費交通費で滞在を設定する方法】

  1. 旅費交通費も代価同様、本と鉛筆のアイコンをクリックしますと設定画面が表示されます。
  2. 画面上部のパーティを選択します。(現地作業(○○業務)など)
  3. 画面中央左側のパーティ設定で滞在を選択、滞在タブの設定を行います。
  4. 画面左下の交通費で、拠点⇒滞在地、滞在地⇔現地の移動についてそれぞれ設定を行います。
  5. 旅費交通費が自働計算されます。
    (計算の詳細は、画面上部のトレースのボタンでご確認いただけます。)

以上がシステムで旅費交通費を算出する場合の手順となります。
一度ご確認いただきまして、不明点などございましたらまた御連絡ください。


よろしくお願いいたします。

ページトップ

旅費交通費で宿泊と通勤に分けて計上する方法を教えて下さい。

宿泊と通いに分ける方法2015/10/09

防災点検の項目を、宿泊と通いに分けたいのですが方法を教えてください。


よろしくお願いします。

Re:宿泊と通いに分ける方法2015/10/09

□□□□株式会社
○○様


いつもお世話になっております。


打合せ、合同現地踏査、照査技術者による報告につきましては、それぞれでパーティが分けられますが、それ以外の外業作業につきましては、現地作業として一つのパーティで全て纏まるようになっております。
そのため現地作業を宿泊と通勤で分けるという場合には、上部の設定ボタンから『変更があった際に自動で外業日数を再集計する』を「いいえ」に変更していただき、パーティ、職種、編成を手動で追加していただくことになります。


お手数をお掛けいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

ページトップ

旅費交通費で宿泊費の計上方法を教えて下さい。

設計の宿泊に関して他(踏査と打合せ)2015/09/02

①設計業務の旅費交通費のうち、「現地踏査」は宿泊、「打合せ」は通いにしたいのですが、宿泊を選択すると「打合せ」も含まれているようでした。「打合せ」を除く方法を教えてください。


②設計業務で「往復旅行時間にかかる人件費」を選択しましたが、金額が「0円」のままでした。金額を表示させる方法を教えてください。


③「打合せ」の旅費交通費を公共交通機関としたいのですが、どの項目を選べば簡単に入力が可能でしょうか。現在は、旅費交通費ライトバンを選んで、代価集計表の項目を全て削除してから、入力しています。


よろしくお願いします。

Re:設計の宿泊に関して他(踏査と打合せ)2015/09/03

□□□□株式会社
○○様


いつもお世話になっております。
お問い合わせ頂きました件につきまして回答させていただきます。


以下全て、旅費交通費の設定画面にて設定いただくことになります。
旅費交通費の項目が表示されてない場合には、集計設定の業務集計から旅費交通費を表示するようにまず設定ください。


①旅費交通費の設定画面にて、上部に現地作業と打合せでパーティが分かれて表示されております。
「現地踏査」は『現地作業(設計業務)』
「打合せ」は『業務着手時』『中間打合せ』『成果物納入時』
ということで、それぞれ選択いただいて滞在か通勤かを設定できるようになっております。
そこで『現地作業(設計業務)』を「滞在」、それ以外を「通勤」に設定いただきますと、ご要望の動作になるかと思います。


②旅費交通費の設定画面にて、『現地作業(設計業務)』のパーティを選択いただきますと、「滞在」に設定されている場合に、一番左下の部分に片道の移動時間という項目がございます。
その部分に入力いただいた時間(往復ですので2倍)分の人件費が計上されるようになっております。
左側真ん中部分のパーティ設定の一番下に自動計算の設定があり、そこにチェックが入っておりますと、入力された移動距離から時間を計算されます。
チェックを外していただきますと、手動で自由に入力いただくことができます。


③旅費交通費の設定画面にて、左下部分の交通費欄にて公共交通機関の交通費を入力いただけます。
『業務着手時』『中間打合せ』『成果物納入時』それぞれのパーティで設定ください。
通勤の場合には、往復にかかる料金を入力いただく必要がございます。


以上の通り一度ご確認いただけますよう、よろしくお願いいたします。

ページトップ

旅費交通費で現地踏査の設計方法を教えて下さい。

現地踏査の回数入力について2015/06/12

お世話になります。


先日からのご対応ありがとうございます。


旅費交通費の現地作業に伴う質問をさせていただきます。
現地作業(通勤のみ)の場合で、回数を変更することはできるのでしょうか。
業務によっては、複数回で計上されているケースもあります。
よろしければ回数の変更方法についてご教授ください。
宜しくお願い致します。

Re:現地踏査の回数入力について2015/06/12

□□□□株式会社
○○様


いつも大変お世話になっております。
お問い合わせの件につきまして以下回答させていただきます。


現地作業(通勤)につきましては、各職種ごとにCiの値を元に交通費を算出しております。
旅費画面の設定ボタンをクリックいただいて、一番上の設定項目『変更があった際に自動で外業日数を再集計する』を『いいえ』に設定していただき、各職種についてCiを変更していただくことで、手動で調整ができるようになっております。
ライトバンの場合の計算に使用する通勤日数の算出方法につきましては、職種ごとにCiの合計を算出し、その中で最大値のものを整数に切り上げたものとなりますのでお手数ですがそれを考慮した上で調整ください。


以上、よろしくお願いいたします。

ページトップ

箱型函渠の補正の計算方法。

箱型函渠の増減率について2015/06/12

お世話になります。


箱型函渠の増減率について、添付の特記仕様書で算定すると1.2になると思われますが、計算式では1.17となっております。
どういった計算方法か教えていただけないでしょうか。
ちなみに1.2は、「設計業務等標準積算基準書」を参照しております。


宜しくお願い致します。

Re:箱型函渠の増減率について2015/06/12

(株)□□□□
○○様


いつも大変お世話になっております。


箱型函渠の補正の計算方法についてご連絡いたします。


計算方法は「設計業務等標準積算基準書」の参4-1-12 箱型函渠計算例を参照しております。
まず、標準歩掛に断面形状及び条件による補正を適用し、一箇所当り歩掛を出します。
 1箇所当り歩掛=1*(1+0)*(1-0.1)


次に、斜角・ウイングによる補正を適用し、斜角・ウイングによる割増歩掛を算出します。
 (1*(1+0)*(1-0.1))*0.3+(1*0)


最後に1箇所当り歩掛に箇所数をかけ、斜角・ウイング設計による割増歩掛を足します。
 (1*(1+0)*(1-0.1))*1箇所+(1*(1+0)*(1-0.1))*0.3+(1*0)
  =0.9+0.27
  =1.17
と計算しております。


一度ご確認くださいますようお願い申し上げます。

ページトップ

旅費交通費での移動距離の入力について教えて下さい。

旅費交通費の件2015/06/04

お世話様になります。


旅費交通費で、発注者が高速道と一般道の距離を分けて提示していますが、分けて積算出来ますでしょうか?

Re:旅費交通費の件2015/06/04

(株)□□□□
○○様


いつも大変お世話になっております。


まず高速道路と一般道路についてそれぞれ距離を入力できるかという質問ですが、旅費交通費設定画面を開いていただき、左下交通費項目で一般道と高速道で距離を分けて入力出来ますのでこちらをご使用いただけますでしょうか。


以上、よろしくお願い致します。

ページトップ

旅費交通費での通勤日数の算出方法を教えて下さい。

旅費交通費について2015/05/28

お世話になります。
旅費交通費について質問させていただきます。


添付の通勤日数について、どういった考えで算定されているかについてご教授願えないでしょうか。
手計算で算定した場合とで開きがあるので、どのような考え方で算定されているかを確認したいと考えております。


宜しくお願い致します。

Re:旅費交通費について2015/05/28

(株)□□□□
○○様


いつもお世話になっております。


ご指摘の通勤日数の数字の算出方法についてですが、その部分につきましては職種ごとに、編成で表示されているSiの値の合計を比較し、その最大値を使用するという動作になっております。
お手数をお掛け致しますが、ご確認の程よろしくお願い致します。

ページトップ

旅費交通費の外業日数の算出方法について教えて下さい。

旅費交通費の人数のカウントについて2015/04/22

償業務で旅費交通費の外業カウントがおかしいように思えます。


代価表から積み上げると169.621人ですがCiは145.7人になっています。どのようなカウントになっているのでしょうか。

Re:旅費交通費の人数のカウントについて2015/04/22

□□□□(株)
○○様


お世話になっております。


ご質問の件でございますが、打合せを除いた各代価の外業日数を、「補正を適用せずに」集計しております。(国土交通省、設計業務等標準積算基準書 参1-2-7の記述より)


ご指摘の「169.621」は恐らく補正を適用された場合の集計値かと思われます。補正を適用した外業日数を集計いただく場合は、以下の手順で設定を行なってください。

  1. 内訳の「旅費交通費」行左側の本のマークのボタンをクリックします。
  2. 旅費交通費設定画面上部の、「設定」ボタンをクリックします。
  3. 旅費集計設定画面で、「集計する外業日数に、各種補正係数を適用する。」を「はい」に設定して、[OK]ボタンをクリックします。

手順は以上となります。


よろしくお願い申し上げます。

ページトップ

変化率、補正率を人員に乗じた場合(Bタイプ)の計算を教えてください。

質問です2014/08/08

お世話になっております。


補正率変化率を人員に乗じた場合(Bパターン)


①小数点第1位まで表示の補正率を
②人員に乗じて(この場合の人員は少数点第一位までの数値)
③得た数値を少数第3位を四捨五入して少数第2位まで表示したいとき。


なぜ添付資料のような状況になるのか、お教えください。
ならない方法も教えてください。
添付資料略

Re:質問です2014/08/08

□□□□株式会社
○○ 様


いつも大変お世話になっております。


お問い合わせいただきました変化率の計算につきましてご案内申し上げます。


変化率、補正率を人員に乗じた場合(Bタイプ)の計算は下記のようになります。


 作業別員数にそれぞれ補正係数を乗じて、員数の端数処理(小数第3位四捨五入)を適用。
 各作業の補正後員数の合計が添付いただきました資料Aに集計されます。


ご希望の計算方法に沿った計算をするには、計算タイプをB'タイプに変更してください。
職種別合計に補正係数を乗じて、員数の端数処理(小数第3位四捨五入)の計算をします。


記載いただきました数字になるかと思いますのでご確認をお願いいたします。


ご確認いただきご不明な点がございましたら、お手数ですがご連絡くださいますよう
よろしくお願い申し上げます。

ページトップ

積算システムの計算結果が、手計算した結果と異なるのはなぜですか。

維津美について2011/08/30

(株)システムラン ○○ 様


□□□□(株) ○○です。


維津美についてお教え下さい。
補償の工損積算結果が、補正を用いると計算値人工補正が間違って計算されます。
本社での計算結果と違う結果となります。
どこに問題があるのでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Re:維津美について2011/08/30

□□□□株式会社
○○ 様


いつも大変お世話になっております。
株式会社システムランの○○と申します。


ご質問の件でございますが、人工補正ということで恐らく標準歩掛の人工に工程変化率を掛けた後の数値のことでしたでしょうか?
計算タイプをBタイプ等にされますと、人工に工程変化率が掛かりますが、補正後の端数の取り方で補正後の人工が変わってくることがあります。
本社様の計算結果を拝見致しておりませんので、憶測になりますがこのあたりの設定が影響しておりませんでしょうか?
例)工損事後調査 木造建物Aの場合
■建物の延べ面積補正
70㎡未満:0.8
■技師Aの標準歩掛の人工
調査:0.36
図面:0.12
■技師Aの補正後歩掛の人工(小数第3位以下四捨五入)
調査:0.29
図面:0.10
■技師Aの補正後歩掛の人工(小数第3位以下切捨て)
調査:0.28
図面:0.09
補正後歩掛の人工に対しての、端数処理方法を変更される場合、代価集計画面の右側にある[端数設定]タブをクリックして「員数」の項目の端数処理設定を変更してください。
「員数」の項目の左側にある[+]をクリックすると表示される各項目で、右側の[▼]をクリックして表示される一覧から設定内容を変更することができます。
マニュアルの「第3章 >> 第3節 >> 第12項 端数処理桁を変更する(代価応用)」 にも同様の記載がございますのでよろしければこちらもご覧ください。
よろしくお願いいたします。

ページトップ

現地測量がkm2当りではなく1式当りで内訳に表示されてしまい、作業面積が入力できません。

内訳の表示についての質問2010/06/18

いつもお世話になっております。
測量の項目に、現地測量があるのですが、単位が一式でしか表示されません。
km2で表示はされないのでしょうか。


□□□□株式会社 ○○

ご質問のご回答(内訳の表示についての質問)2010/06/18

□□□□株式会社
○○様


お世話になっております。


現地測量は作業面積を数量ではなく、補正で適用します。
作業面積の入力は、現地測量の代価集計画面にある変化率タブ内で行っていただくことになります。
その上で、1km2当りの単価を内訳に表示されたい場合は、代価集計画面の単位欄にkm2と入力し、基準欄及び数量欄に作業面積を入力してください。
内訳の単位がkm2となります。
よろしくお願い致します。

ページトップ

流量観測で使用されている測量技師補の人件費について教えてください。

流量観測の時間帯について2010/04/07

(株)システムラン ○○様


いつもお世話になります。
維津美に登録されている流量観測の歩掛の中で、測量技師補の時間外割増単価が使われていますが、時間内単価のA時間帯よりも時間外単価のB時間帯のほうが単価が安くなるのは何故ですか?


(株)□□□□
○○

Re:流量観測の時間帯について2010/04/07

(株)□□□□
○○様


お世話になっております。株式会社システムランの○○と申します。


維津美V7で使用されている流量観測の時間帯について、ご連絡申し上げます。
時間帯とその内訳は、以下の通りです。


A時間帯 … 時間内     × 8時間
B時間帯 … 時間外     × 8時間
C時間帯 … 時間内で深夜 × 8時間
D時間帯 … 時間外で深夜 × 8時間
時間帯毎の単価構成は、以下の通りです。
A時間帯 … 基準日額
B時間帯 … 基準日額のうち、割増対象の賃金に対して1.25倍したもの
C時間帯 … 基準日額 + 基準日額 のうち、割増対象の賃金に対して0.25倍したもの
D時間帯 … 基準日額のうち、割増対象の賃金に対して1.5倍したもの
測量技師補の日額(21,700)を例にしてみると、以下のようになります。
A時間帯(21,700) … 基準日額(21,700)
B時間帯(16,275) … 基準日額(21,700) × 構成比(60%) × 割増係数(1.25)
C時間帯(24,955) … 基準日額(21,700)+ 基準日額(21,700) × 構成比(60%) ×割増係数(0.25)
D時間帯(19,530) … 基準日額(21,700) × 構成比(60%) × 割増係数(1.5)


上記のことから、A時間帯よりB時間帯の方が、金額は高くなります。
ご不明な点がありましたら、ご連絡ください。
ご確認をよろしくお願い致します。

ページトップ

地質の市場単価の項目で所要日数を計算するための考え方は?

お尋ねします。2009/07/31

株式会社 システムラン ○○様


いつもお世話になります。□□□□の○○です。
一点確認させてください。


地質業務で現地調査等の旅費交通費がみてある場合、システムで日当り作業量の総日数の算出が可能でしょうか。

Re:お尋ねします2009/07/31

□□□□(株)
○○様


株式会社システムランの○○です。お世話になっております。


地質業務の現地調査というのは、ボーリング調査などの事でしょうか?
また、日当り作業量の総日数の算出とは、ボーリング調査の外業日数のことでしょうか?


ボーリング調査(市場単価)の場合は、以下のような計算で外業日数を算出します。
例) ・ボーリング長   :100m…(計上数量)
   ・1日あたり作業量 : 7m…(基準数量)
外業日数=(計上数量÷基準数量)※()内小数点第4位以下切捨てで、100/7=14.285日が外業日数となります。
算出した外業日数の合計は、維津美の旅費設定画面に反映されます。


よろしくお願い致します。

ページトップ

補正条件を工種毎に異なる条件で設定することはできますか?

補償調査についての質問2009/06/18

株式会社システムラン ユーザーサポート係 様


いつもお世話になります。


維津美V6の補償調査について質問があります。
調査項目で、木造建物Cが数棟あり、床面積の異なる場合の共通補正の方法を教えてください。
 例  木造建物C  70m²未満        3棟
 木造建物C  70m²以上130m²未満   1棟
上記のような場合、費目は2つ入力し、共通補正は木造建物として1つだけのようですが、どのように設定すればよろしいのでしょうか。


以上、よろしくお願い致します。

Re:補償調査についての質問2009/06/18

(株)□□□□
○○様


お世話になっております。株式会社システムランの○○と申します。
ご質問のあった内容について、ご回答申し上げます。


補償の木造建物Cで延べ面積の異なる場合の共通補正の方法ですが、例によると、費目は2費目作成されているようでしたので、各費目の編集ボタン(本のマーク)をクリックし、代価集計画面下の"変化率"タブの中からそれぞれ条件(延べ面積)の設定を行って下さい。
この手順により、2つの木造建物Cに対して、異なる延べ面積を設定することができます。


よろしくお願い致します。

ページトップ

別々の内訳で積算を行った測量業務の諸経費率を、合算した直接測量費から算出できますか?

維津美2009/04/22

株式会社 システムラン 御中
いつもお世話になっております。


維津美の操作方法について質問です。
測量の積算で、路線測量と用地測量を別々に積算した場合、諸経費を合算の諸経費率に出来るでしょうか?


以上、よろしくお願い致します。


株式会社 □□□□
営業課 ○○

Re:維津美の操作方法ついてのご質問のご回答2009/04/22

(株)□□□□
○○様


お世話になっております。株式会社システムランの○○と申します。


別々の内訳で積算した測量業務の直接測量費を合算して諸経費率にすることは可能です。
例えば、測量業務を総括に2項目配置し、路線測量と用地測量を別々の内訳に配置すると、路線測量の直接測量費+用地測量の直接測量費で諸経費率を算出します。
もし、上記のようにならない場合は、内訳表の諸経費行の本のボタンをクリックし、諸経費設定画面の [諸経費率を算出する場合に、同一業務の対象額合計を用いる] にチェックをつけてください。


以上、ご回答申し上げますので、よろしくお願い致します。

ページトップ